名監督たちに影響を与えた巨匠のドキュメンタリー

Entame Plex / 2014年1月20日 10時55分

写真

名監督たちに影響を与えた巨匠のドキュメンタリー



アメリカの特撮映画の監督、レイ・ハリーハウゼン。彼は、「アルゴ探検隊の大冒険」、「恐竜100万年」や「シンドバッド黄金の航海」など、数多くの作品を生み出し、後の監督たちに大きな影響を与えてきた。

スティーブン・スピルバーグは「レイがいなければ現代の映画の特殊効果は生まれなかったと断言できる」と語り、ジェームス・キャメロンは「“骸骨剣士”のモチーフを「ターミネーター2」で使ったことを許してください」など、いまをときめく名監督たちがリスペクトしているレイ・ハリーハウゼンだが、このたびそんな彼の作品を一つ一つ解説し、登場するクリーチャーの制作背景や当時のエピソードを回顧するドキュメンタリーが完成した。

様々な監督のエピソードをはじめ、貴重な映像がたくさん詰まった今作「レイ・ハリーハウゼン 特殊効果の巨人」は3月26日リリース予定となっている。

(c)Frenetic Arts / ARROW FILMS

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング