アリス・アンド・オリビア、国内初の路面店を表参道にオープン。限定アイテムも発売

FASHION HEADLINE / 2013年11月13日 15時0分

写真

alice + oliviaデザイナーのステイシー・ベンデットさんニューヨークファッションウィークで開催されたalice + olivia14SSコクションのプレゼンテーションにて。

ニューヨークブランド「アリス・アンド・オリビア(alice + olivia)」が12月5日、日本初の路面旗艦店を表参道(東京都渋谷区神宮前6-2-9)にオープンする。

総面積150平方メートル、2階建ての店舗には、コレクションライン、レイヤードアイテムがそろう「Air」ライン、働く女性のためのキャリアラインのほか、シューズやバッグのコレクションなどフルラインを取り扱う。

オープンを記念して、デザイナーであるステイシー・ベンデット(Stacey Bendet)のキャラクターがプリントされたタンクトップ(8,925円)やトートバッグ(7,350円)など、同店限定商品も登場する。

ブレイク・ライブリー(Blake Lively)や、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)らセレブリティも愛用する同ブランドは、2002年に設立。世界の800軒以上の百貨店や専門店で扱われており、12AWシーズンに日本本格上陸を果たした。現在国内では、伊勢丹新宿店、阪急うめだ本店など6つの百貨店で展開している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング