新宿伊勢丹、リビングフロアに「パーク」オープン。暮らしの豊かさをデザイン

FASHION HEADLINE / 2014年3月13日 9時0分

アートピースのような動物達がボタニカルな草木の世界と融合

伊勢丹新宿店本館は、2015年3月のリモデルグランドオープンに向け、リビング・ベビー子供フロアの改装に着手。3月12日、フルオープンに先駆けて、本館5階リビングフロアのプロモーションスペース「パーク」がソフトオープンした。

2013年3月、婦人服・婦人雑貨フロアをリモデルオープンし、今年1周年を迎えた同店。次のステップとして、ファッションに暮らしの領域を加えたフルラインの店づくりを目指すため、上層階のリビング・ベビー子供フロアの改装を行う。

新しいリビングフロアでは、「とびきりのハッピー(Do What makes You HAPPY)」をテーマに、単なるライフグッズ(モノ・コト)の紹介だけではなく、生活・暮らし方(シーン)を提案。顧客の“暮らしの豊かさ”をデザインすることをコンセプトとして、「サービス・コンサルティング」を起点に価値を進化させる。

ソフトオープンした売り場「パーク」は、各フロアにあるエスカレーターの周りと二つのエスカレーターを結ぶ空間にあり、そのフロアにおける「回遊の起点・中継点・終点」に位置する地点。パークでは、伊勢丹セレクトによる期間限定ショップや、ブランドとのコラボレーションによる新しい世界観など、暮らしに関する様々なモノ・コトを発信していくという。

現在、同フロアでは、ソフトオープンを記念して様々なイベントを開催。センターパーク/ザ・ステージ#5では、「リヤドロ(LLADRO)」とフラワーアーティスト・東信による「LLADRO IN THE FOREST -森の中のハピネス-」、「リチャードジノリ(Richard Ginori)」のパーソナルオーダーイベント「Make your own time -幸せなティータイムの過ごし方-」の二つのプロモーションを開催(いずれも3月31日まで)。

ウエストパークでは、“料理・趣味・お出かけ・旅”をテーマにした「今日の暮らしのレシピ」(4月15日まで)、イーストパークでは、世界的デザイナーのパオラ・ナヴォーネ(Paola Navone)がアートディレクターを務めるイタリアの家具ブランド「ジェルバゾーニ(GERVASONI)」を中心に感度の高いインテリアを紹介する「HAPPY NEW LIFE -Feel the material and the design-」(3月31日まで)など、多彩なイベントが期間限定で開催されている。

今回のリモデルについて、同店営業統括部長兼リビング・IDS営業部長の近藤洋氏は、「伊勢丹でしかできないモノ・コト、情報発信を行っていく。その中でも、パークは圧倒的な感動、暮らしのちょっと先を提案する出合いの場。驚きや発見、学びを喚起していきたい」とコメント。また、同リビング商品部の相馬英俊部長は、「パークが出来たことで動線が拡張し、ショッピングには快適な環境の提供が実現できた。今秋には更に改装を進めて、来春のグランドオープンを目指す」と説明する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング