6月7日はポール・ゴーギャンの誕生日です

FASHION HEADLINE / 2014年6月7日 9時0分

ポール・ゴーギャン作『タヒチの女たち』

画家のポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)は、1848年6月7日生まれ。フランス・パリ出身。1903年5月8日逝去。

父は熱烈な共和主義者のジャーナリストだったが、革命後の不安定な政府による弾圧を恐れ、ポールが生まれてまもなく一家で南米ペルーに亡命。その父はポールが1歳になる前に急死し、残った母子は1855年、フランスに帰国した。その後航海士や海軍兵を経て、今で言う証券会社に就職。結婚し、5人の子供に恵まれ、趣味で絵を描くという何不自由ない生活を送っていたが、株式市場の暴落を経験して心境が一転。画家への道を志す。

1886年よりブルターニュ地方のポン=タヴァンでエミール・ベルナール、シャルル・ラヴァルらと制作活動を行い、ブルターニュ原理主義(ポン=タヴェン派)を形成。また1888年には南仏アルルでフィンセント・ファン・ゴッホの誘いを受け共同生活を試みる。しかし、強烈な個性は何度となく衝突。ゴッホの耳切り事件などもあり、わずか2ヶ月で共同生活は破綻する。

1889年、パリ万国博覧会で絵画史上最初の象徴主義展開催。象徴主義の画家達伊との交流を深めたが、1891年、ベルナールと喧嘩別れをした後、楽園を求めタヒチへ。その後、貧困や病気のために一度帰国するが、1895年に再訪すると没するまでタヒチへ留まった。

彼の作品はファッションデザイナ0に度々インスピレーションを与え、「アキラーノ・リモンディ(AQUILANO・RIMONDI)」の14SSコレクションは、ゴーギャンが描いたタヒチの女性達がモチーフ。また、「ジャンポール・ゴルチエ(Jean Paul GAULTIER)」00SSメンズコレクションのテーマは「ほろ酔い気分のゴーギャン」。彼の絵やタヒチの情景、気分を取り入れた服を発表した。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング