資生堂アートディレクター中村誠の回顧展が銀座で開催

FASHION HEADLINE / 2014年6月10日 14時0分

グラフィックデザイナー・中村誠の回顧展、銀座資生堂ギャラリーで開催

資生堂ギャラリーは、昨年永眠したグラフィックデザイナー兼アートディレクターの中村真の没後初となる回顧展「中村誠の資生堂 美人を創る」を開催している。6月29日まで。

本展では、資生堂のイラスト広告を写真広告へと転換させた中村の創作プロセスを、自宅に遺されていた記録写真や校正刷りポスターなどの未公開資料を交えながら展示。モデルに山口小夜子を起用した香水の広告など、数々のポスターも紹介する。

デザイン評論家の柏木博、グラフィックデザイナーの佐藤卓と松永真を迎えてのトークショーも6月22日の14時より資生堂銀座ビル3階の花椿ホールにて実施(申し込み制)。

中村は1926年岩手生まれ。東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後し、49年に資生堂に入社。写真を用いた写真表現で頭角を表し、50年代半ばから80年代まで多くの広告を製作した。資生堂の宣伝部政策室長から顧問までを務め、国際グラフィック連盟などで幅広く活動し、93年に紫綬褒章受章。2013年6月永眠。


【イベント情報】
「中村誠の資生堂 美人を創る」展
会場:資生堂ギャラリー
住所:東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル地下1階
会期:6月3日から6月29日
時間:11:00から19:00(日曜日は18:00まで)
休館日:月曜日
入場無料

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング