宝塚歌劇100周年記念『シカゴ』製作発表会実施。メインキャスト9人がファンを虜に

FASHION HEADLINE / 2014年9月17日 21時3分

ブロードウェイミュージカル『シカゴ』宝塚歌劇100周年記念OGバージョンの制作発表会

宝塚歌劇100周年を記念して、世界初となる女性キャストのみのミュージカル『シカゴ』が上演される。出演するのは宝塚元トップスターのOGだ。9月17日、メインキャスト9人が出席する記者発表会が行われた。

『シカゴ』はブロードウェイでの1996年の初演(リバイバル版)以降、17年以上のロングラン記録を持ち、公演回数は7,000回以上。劇中で歌われる曲はミュージカル史に残る名曲ぞろいだ。また、愛憎に満ちた人間ドラマをコミカルに描いていることから、ミュージカル初心者も作品の世界に入り込みやすいため世界中で高く評価され、作品やスタッフ、演じる俳優にいたるまで、数多くの賞を受賞してきている。

しかし、それほどまでに長い歴史を持ちながらも、未だかつて女性キャストのみでの上演記録は存在しない。そのため、今回の舞台には、本場ブロードウェイからも熱い注目が集まっている。

記者発表会でまず登場したのは、ヴェルマ・ケリー役の3人。ピアノの生演奏に合わせて「オール ザット ジャズ(ALL THAT JAZZ)」を披露した和央ようかは、高貴な猫のようにクールな表情。歌唱中も笑顔を絶やさずコケティッシュな魅力を振りまく湖月わたる、大人の色香を漂わす水夏希と、三者三様の個性を光らせた。

続いて登場したロキシー・ハート役の3人が披露したのは「ロキシー(ROXIE)」。愛くるしい容姿と裏腹にパラフルな歌声で魅了する大和悠河、小動物のようにキュートなルックスの朝海ひかる、優雅な振る舞いが印象的な貴城けい共に、可憐な見た目ながら内に秘めた強さを感じさせるロキシーのイメージにまさにぴったりだ。

そして、今回のチャレンジングな舞台の要ともいえるビリー・フリンに扮する3人は、「オール アイ ケア アバウト(ALL I CARE ABOUT)」を披露し、会場の女性ファン達を虜にした。周りを包み込むようなやさしい雰囲気の峰さを理、大らかなオーラの麻路さき、ミステリアスな魅力を持つ姿月あさと共に、しなやかな動き一つひとつが既にビリーそのもの。2ヵ月後の開演を大いに期待させた。パフォーマンス後には全員が着席して、今回の舞台に対する想いを披露。

演出家の吉川徹が、「清く正しく美しくないストーリーを、“歩くミラーボール”のように美しいキャストたちがどんな風に演じていくかが楽しみ。女の美しさ、かっこよさを堪能してほしい」とコメントすると、一気に場が和み、アットホームな雰囲気に。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング