【ファッション再生】“機械・ファッション大国である日本”イエリ社長×兼松繊維社長2/3

FASHION HEADLINE / 2014年10月18日 21時0分

兼松繊維社長・長ケ部良一氏

T:今はファストファッションが多くあるじゃないですか。我々は、あの商品を製造して売って利益を追求していることに大しては企業として悪いことだとは思わない。ただやり方、ルールに関しては色々考えることがある。国内から巣立っていった企業の生産基準が全て海外へ行っている。付属品、原材料、フィニッシュまですべて海外というのは、そろそろナンセンスだと思う。

やはり、国内で育った企業は、国内に還元していくという仕組みを作らなければならないだろう。例えば、素材を開発していくだとか、リユース、リサイクルに積極的に参加していくとかで。法的な規制を設けなければいけない段階なのかもしれない。大手からは反対意見が出てくるかもしれないが、日本を守っていくためにはやらないと。

家電製品の年間の粗大ゴミってどのくらいあるか知ってます?日本だけで65万トンもあるんですよ。これは公表もされていて、かなり正確な数字です(家電は必ず買い取らなければならないから)。じゃあ、衣料品ってどのくらいの数字だと思います?衣料品は、公表されているだけて100万トンです。多分、自宅の分別ゴミ(穴開いた靴下とか含めて)で捨てられているものでも100万トンあるので、約200万トンくらい捨てられているだろうと言われています。

家電ゴミの中からのアルミの再生率が約78%。一方洋服の200万トンはどれくらいがリユース、リサイクルされているかというと12・13%しかないんです。しかも、軍手とかロープとか車のシートとかそういうものにしか再生されず、ファッション衣料に戻るというのはほぼ皆無。これ、200万トン分廃棄されているのってほぼ天然素材だから。

先日、ジーンズ協会の会長さんがおっしゃっていたんだけど、2025年にはデニムを作る綿が世界中からなくなると言われているらしい。それはなぜかというと、人口が増え100億人に達したときに食料不足が起きて、綿畑を作ることより食料畑を作ることが優先される。よって綿畑は世界中から消えていってしまうのです。あり得る話だよね。石油と同じですよ。少なくなってくれば搾取が始まり、戦争が始まり…。まあ、コットンの場合だと代わる素材を探すということになるかもしれないけどね。紙とか。

となると、食料のことももちろん問題だが、我々は食品業界の人間ではないのでアパレルの原材料不足問題は本当に深刻。それをどうするのって考えたときに、やはり企業レベルではなく携わっている人間達がそこに対する問題定義に参加していかねばならないと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング