ナイキ×ヨハンナ・シュナイダー、モジュール単位で機能を取り入れるスポーツウエア

FASHION HEADLINE / 2015年2月17日 19時0分

モジュール式コレクション「NikeLab×JFS」

ナイキラボ(NikeLab)がベルリンを拠点とするデザイナー、ヨハンナ・シュナイダーとコラボしたモジュール式コレクション「NikeLab×JFS」を発表した。

「体をきちんと覆いたい、またはサポート性が欲しい時もあれば、風通しの良いものや、開放感のあるものを着たいこともあります」と語るヨハンナ。今回のコレクションは、そんなワークアウトにおける願望をモジュール単位で叶えたもの。アウトフィットを1着ずつセレクトすることで、その時その場所での行動に合わせた装いが組み上がっていく。それと同時に普段着に取り入れることで、日常に機能性も提供出来るワードローブを完成させた。

そんなコレクションを象徴するのが、シーンに合わせて3パターンに着こなせるスリーブレスケープだ。アウターとして前を開いたまま着用したり、ベルトを締めたり、ウォームアップスカートのように腰に巻くことも出来る。また、プリントタイツやブラは、運動中に主要な筋肉の動きが強調されるように、ヨハンナが自ら描いたアートワークを体の形に合わせて配置。一方、ゆったりとした筒型のキュロットは裾に斜めのカットを入れ、体の動きを強調させるデザインに仕上げた。裏地にはメッシュを用いており、タイツの上からでも、キュロット単独でも着用出来る。

更に、コレクションでは機能素材「DRI-FIT」など、ナイキの先端技術を結集。レーザーカットによる通気性を高めるパターン配置や、接着仕上げによる素材の軽量化などのイノベーションが採用された。こうした細部のディテールは全て意味を持っており、身体のシルエットを程よく見せたり隠したりしながら、誰かの視線を気にせずスポーツに専念できる構造となっている。

その他、カラーパターンについて、ヨハンナは「様々な肌の色合いになじむ、洗練された色にしたいと考えました。自然との深いつながりを持つ色合いは、なじみ深く自然な印象を与え、コレクションのテクニカルな側面に対して穏やかな好対照を成しています」と語っている。

発売は2月26日を予定。取り扱いはNIKELAB DSM GNZ、NIKELAB公式オンラインショップ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング