1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

ビームス プラネッツが久留米絣と肥前の陶磁器を宝石に見立てた美しいジュエリーのポップアップを日本橋三越で開催

FASHION HEADLINE / 2021年9月17日 17時0分




肥前吉田焼(嬉野市)
天正5年(1577年)ころに始まり、その後、寛永年間(1624年~44年)、蓮池藩主、鍋島直澄が朝鮮陶工を吉田山に招き、磁器を焼かせた頃から本格的に製造が始まったといわれています。現在もスタイルにとらわれることなく技術向上に励んでいます。
design point
常に新しいモノづくり挑戦している肥前吉田焼にはブリリアントカットのダイヤモンドのような磁器をリクエストしました。ダイヤモンドのクラシックなコレクションのようなラインアップです。




有田焼(有田町)
17世紀初頭、朝鮮人陶工・初代金ヶ江三兵衛(通称:李参平)らによって有田町泉山から美術工芸品まで幅広い焼き物の生産を続けています。
design point
有田焼の印象的な柄を最大限に生かすべくシンプルなデザインに仕上げました。 シンプルながらも真鍮にロジウムメッキをかけることで地金のエイジングを楽しめる一品です。




■<inapot>
インアポットは2021年より横浜・天王町の花屋The Bulb Bookの中鉢が新しくスタートしたフラワー&プランツサービス。花と植物に関わる様々なものを提案していきます。
オフィシャルインスタグラム :https://www.instagram.com/inapot__/

■<Wood&Knot>
2016年より本格的に活動をスターとさせ、BEAMS Planetsでの展示販売やイベント、店舗装飾など日本の伝統文化や自然からinspiretionを自然素材のロープ、流木や動物の角、骨などを用いて作品を制作しています。
オフィシャルインスタグラム :https://www.instagram.com/woodandknot/




BEAMS Planets
「BEAMS Planets」(ビームス プラネッツ)は、ビームスを取り巻く小惑星(ミニビームス)の意。ビームスの世界観をプロダクトに特化して表現・提案する新しいショップとして2013年8月にローンチ。独自の視点でセレクトした商品と共に、既存のBEAMSでも展開する小物、インテリア雑貨、アートなどを編集した“ジェネラル プロダクト ショップ”です。
オフィシャルインスタグラム : https://www.instagram.com/beamsplanets/



企業プレスリリース詳細へ

本記事に掲載しているプレスリリースは、株式会社PR TIMESから提供を受けた企業等のプレスリリースを原文のまま掲載しています。FASHION HEADLINEが、掲載している製品やサービスを推奨したり、プレスリリースの内容を保証したりするものではございません。掲載内容に関するお問い合わせは、株式会社PR TIMES(https://prtimes.jp/)まで直接ご連絡ください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング