1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

新時代の京の美意識と触れ合うホテル「ホテルオークラ京都 岡崎別邸」が2022年1月20日に開業

FASHION HEADLINE / 2021年11月26日 15時0分

『ホテルオークラ京都 岡崎別邸』(所在地:京都府京都市左京区)は、京都・岡崎において2022年1月20日に開業いたします。「ホテルオークラ」ブランドの日本国内での新規開業は約20年ぶりとなり、京都の伝統工芸を担う後継者6人によるプロジェクトユニット「GO ON(ゴオン)」の新しい工芸品で満たされたスモールラグジュアリーな空間が誕生します。なお、「GO ON」のオールメンバーがホテルとコラボレーションするのは初の試みです。 開業日決定に伴い、宿泊とレストランの予約受付を11月25日より開始いたします。大人の隠れ家を思わせ、静謐なひとときを感じられるホテルで、お客様に寄り添う気配りのおもてなしと現代的な京の美、そして美食に癒される滞在をお楽しみいただけます。
※当ホテルは、三菱地所が開発し、オークラ ニッコー ホテルマネジメントが委託を受けて運営します。

細尾の西陣織オリジナルアートピースを設えたスイートルーム
■“GO ON”とのコラボレーションで生まれる「新時代の京の美意識」
京都の伝統工芸は長い歴史を背景に、独自の美意識や感性を育んできました。当ホテルが掲げる「新時代の京の美意識」とは、日本の文化を支えてきた伝統工芸の精神や技術を継承しながらも、新しい可能性を引き出し、先進的な取り組みによって生まれる現代的な美しさを意味しています。

ホテル館内には、伝統工芸を担う後継者6人によるプロジェクトユニット「GO ON」のオールメンバーが集結し、京都の伝統に新風を吹き込んだオリジナル作品が設えられています。

「GO ON」のオールメンバーがホテルとコラボレーションするのは初めての試みとなり、いずれも『ホテルオークラ京都 岡崎別邸』のために制作された一点物です。職人の研ぎ澄まされた手仕事に触れることによって呼び覚まされる感性をお楽しみください。

【内装設計・インテリアデザイン】

松浦 竜太郎氏
インテリア総合ディレクション
松浦 竜太郎氏
株式会社乃村工藝社 RENS
クリエイティブディレクター


レストランやブティック、ホテルや商業施設、ミュージアムなど、領域にとらわれずボーダレスなデザインに取り組み、その活躍は日本国内外で高く評価される。国内外のアワードも多数受賞しており、2015年には当時、香港の建築・デザイン誌Perspective透視雑誌が主催していた「40 UNDER 40」アワードにおいて、アジアで活躍する40歳以下のデザイナーにその年の唯一の日本人として選出されている。

GO ON(ゴオン)
2012年に立ち上がった京都の伝統工芸を担う後継者6人による日本の伝統工芸の新たな価値を発信するプロジェクトユニット。未来を探り、可能性を思考しながら工芸の世界に留まらない活動を続けている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください