表参道ヒルズに旨辛メニューが期間限定の登場! シビレ系担々麺から生姜カクテルまで

FASHION HEADLINE / 2019年7月19日 12時0分

表参道ヒルズのレストラン10店舗では、多様な辛さがやみつきになる「旨辛刺激MENU」を、8月1日から9月30日までの期間限定で展開する。

シビレヌードルズ 蝋燭屋「冷やし担々麺 よだれ鶏のせ」(税込1,300円)
初開催となった昨年に引き続きコンセプトはそのままに、各店舗選りすぐりのメニューを新たに考案。唐辛子はもちろん、近年人気のシビレ系の山椒や、花椒、カレー、ハラペーニョ、生姜など、多様な辛さが味わえるバラエティ豊かなメニューが表参道ヒルズ限定で登場する。

本館3階のシビレヌードルズ 蝋燭屋には、「冷やし担々麺 よだれ鶏のせ」(税込1,300円)が登場。国内外の香辛料を試すうちに“シビレ”の世界に魅了されたお店が提案する、三河屋製麺の特注麺に麻辣がきいたスープをからめ、よだれ鶏をのせたボリューム満点の一品。同じく本館3階の蔭山樓には、豚のバックリブを唐辛子や山椒などの香辛料でじっくりと柔らかく煮込み、そのスープに歯ごたえのある浅草開花楼の中太麺を合わせた「麻辣排骨麺」(税込1,620円)がお目見え。旨味が詰まったお肉をそぎ落としながら、麺と一緒に楽しむのがおすすめ。

フラテリパラディソ「タコのラグーソース 自家製ピリ辛タリアテッレ」(税込1,620円)
本館3階のフラテリパラディソは、「タコのラグーソース 自家製ピリ辛タリアテッレ」(税込1,620円)を販売。じっくり煮込んだタコのラグーソースと辛みの強い赤唐辛子を生地に練り込んだ自家製タリアテッレは、唐辛子の香りを楽しめるピリ辛パスタ。アクセントに激辛の青唐辛子とひよこ豆のカリカリパン粉を加えた食感も楽しい一皿。

バール ア ヴァン パルタージェには、「和牛のグリルと唐辛子 山椒のソース」(税込2,300円)が登場。和牛のグリルの付け合せに唐辛子を添え、ビリビリしたシビレがたまらない山椒のソースをトッピング。食欲をそそること間違いなしの一品。

シュペッツレ カフェ&ワイン「アンガス牛ステーキ マンゴーサルサソース」(税込3,240円)
本館地下3階のシュペッツレ カフェ&ワインでは、たっぷり200gのアンガス牛ステーキに旨辛マンゴーサルサソースを合わせた食べごたえ抜群の「アンガス牛ステーキ マンゴーサルサソース」(税込3,240円)を提供。また本館3階の37 ローストビーフには、「自家製牛煮込み味噌とカボチャのスパイシーカレーリングイネ 赤唐辛子チーズせんべいとトリュフ温卵添え」(税込1,620円)が登場。リングイネに牛の煮込みやカボチャを合わせ、カレーパウダーやクミンなどのスパイシーさを加えたカレーうどん風パスタは、仕上げに赤唐辛子のチーズせんべいとトリュフ付き温泉卵を添え、まろやかさとコクも楽しめる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング