ウィズ 原宿の資生堂ビューティ・スクエアにNARSが出店! オンラインでバーチャル体験も

FASHION HEADLINE / 2020年6月18日 11時30分


メーキャップアーティストブランド「NARS(ナーズ)」は、原宿駅前の複合施設「WITH HARAJUKU(ウィズ 原宿)」1階に2020年6月18日オープンする「Beauty Square (資生堂ビューティ・スクエア)」へ出店します。当ショップは、最新コレクションにあわせて定期的にカウンターデザインを変更し、訪れるたびに新しさを感じることができるカラフルな空間です。

日本初となる段差のないフラット型テスター展示台は、手に取りやすく、色展開もみやすく、気になったアイテムをトレーにとり、ショップの左右に設置したステップ式シーティングで気軽に、じっくりと試すことができ、ニーズにあったNARSメーキャップスタイリストのアドバイスを受けることもできます。(当面の間、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、テスターの使用、ならびにメーキャップスタイリストのタッチアップを自粛させていただいております。)

あわせて直接お店に行けないお客さまのために、オンラインで「NARSビューティ・スクエア」をバーチャル体験できるサービスも近日中に開始予定。ユーザーは“バーチャル”に店内を歩き、気になる商品をクリックすると、商品の詳細やキャンペーン動画が再生され、そのままNARSオフィシャルサイトにて購入もできます。実際にカウンターにいるかのようなデジタル体験は、NARS初の試みとなります。

「NARSビューティ・スクエア」のターゲットは「国内外ミレニアル世代」。中でも、原宿をはじめとする流行最先端のエリアでショッピングを楽しむ女性たちは、メーキャップ化粧品に対して、「自分向け」で「自分の魅力を引き出してくれる」ことを求めています。また、普段の情報源は、「SNS」や「YouTube」などが多くなっていますが、信頼できる情報が得られる場所や最終的に購入場所として選択しているのは「店頭」と考えている方が他の世代と比較して多いこともわかりました。(*1)そこで、このショップでは、自由に自分で試しやすいテスター台を売り場の中心に設置。初めてNARSをお試しになる方にも商品構成がわかりやすく、気軽に商品を試しながら、アドバイスも受けられ、新しい自分に出会う時間を過ごしていただける空間を実現しました。

(*1)インターネットリサーチ 400SS全国 18-35歳女性 プレステージユーザー(百貨店で化粧品を日常的に購入)2019年12月


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング