1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

年収がピークといわれる50代。みんなは老後資金をいくら貯めている?

ファイナンシャルフィールド / 2021年10月15日 10時10分

写真

多くの人が50代で年収のピークを迎える中で「みんなが老後資金をどのくらい貯めているか知りたい」「50代から老後資金を貯めるポイントを教えて」など疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。   周りの50代の情報を知ることは、老後資金の計画を立てる上で参考になります。   ここでは、50代の平均年収や貯蓄額、老後資金を貯めるポイントについて解説します。

年金だけでは足りない老後資金

 
2019年6月に金融審議会市場ワーキング・グループが発表した「高齢社会における資産形成・管理」によると、年金収入に頼った生活を送る高齢無職世帯は、毎月5万円の赤字が出るとしています。65歳から95歳まで30年間生きた場合は2000万円不足すると言われており、年金だけで老後生活を送ることは難しいと提示しています。
 
経済的に不自由のない老後生活を送るには、十分な老後資金が必要です。
 

50代の平均年収

 
国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」の「事業所規模別及び年齢階層別の給与所得者数・給与額」によると、事業所規模別の50代平均年収は次のとおりです。
 

事業所規模 50~54歳 55~59歳
1~4人 男:480万7000円
女:262万2000円
男:462万2000円
女:271万9000円
5~9人 男:565万円
女:292万7000円
男:561万8000円
女:280万5000円
10人以上 男:586万7000円
女:313万7000円
男:571万6000円
女:293万円
30人以上 男:581万5000円
女:319万円
男:599万7000円
女:298万7000円
100人以上 男:629万8000円
女:333万2000円
男:671万7000円
女:333万5000円
500人以上 男:735万円
女:351万5000円
男:750万5000円
女:338万6000円
1000人以上 男:818万1000円
女:354万円
男:829万4000円
女:303万5000円
5000人以上 男:923万6000円
女:304万9000円
男:916万6000円
女:272万円
合計 男:679万3000円
女:320万円
計:524万5000円
男:686万4000円
女:301万4000円
計:518万4000円

※国税庁「令和元年分 民間給与実態統計調査」より
 
50~54歳の平均年収は男性が679万3000円、女性が320万円、55~59歳の場合は男性が686万4000円、女性が301万4000円となっています。どちらも、全体で見ると520万円前後です。
 
また、事業規模が大きくなるほど、平均年収が高くなる傾向にあります。
 

50代の貯蓄額

 
金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)」によると、50代の金融資産保有額に応じた世帯割合は次のとおりです。
 

金融資産保有額 世帯割合
非保有 13.3%
100万円未満 6.4%
100~200万円未満 5.3%
200~300万円未満 5.3%
300~400万円未満 2.8%
400~500万円未満 3.4%
500~700万円未満 8.3%
700~1000万円未満 9.2%
1000~1500万円未満 11.7%
1500~2000万円未満 5.7%
2000~3000万円未満 10.8%
3000万円以上 13.8%

 
50代の金融資産保有額の平均は1684万円で、中央値は800万円です。
 
なお、単身世帯の50代の金融資産保有額は平均が924万円、中央値は30万円で、二人以上世帯と比べると大幅に少なくなります。
 

50代から老後資金を貯めるポイント

 
50代から老後資金を貯めるポイントは、支出の見直しと資産運用です。収入が増えなくても、支出の見直しができれば、貯蓄や投資に使えるお金は多くなります。また、老後まで時間をかけて資産運用をすることで、資産を増やせる可能性があります。
 
ここでは、50代から老後資金を貯める主なポイントについて見ていきましょう。
 

支出を見直す

 
50代から老後資金を貯めるためにも、支出を見直しましょう。支出を見直すことで、より多くのお金を貯蓄へまわせるようになります。家計簿アプリなども活用して、支出の見直しをして、不要な固定費などは削減しましょう。
 

資産運用をする

 
老後資金を貯めるのに資産運用も検討しましょう。元本割れのリスクはありますが、資産を増やせる可能性があります。例えば、iDeCoを活用すれば運用益は非課税で60歳以降受け取る際に控除があります。節税して資産運用ができるのでお得です。
 

現状を把握し、老後に向けて準備をしましょう。

50代の平均年収や貯蓄額を知るだけで終わってはいけません。平均年収や貯蓄額の情報から自分たちの立ち位置を知り、今後の老後資金計画に役立てることが大切です。家計簿アプリなどを活用した支出の見直し、iDeCoなどによる資産運用を行い、満足のいく老後生活を送れる準備を今日から始めていきましょう。1日でも早く行動を起こすことが大切です。
 
出典
金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書「高齢社会における資産形成・管理」
国税庁長官官房企画課 令和元年分 民間給与実態統計調査
金融広報中央委員会知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](令和2年)
金融広報中央委員会知るぽると 家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査](令和2年)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
監修:新井智美
CFP(R)認定者、一級ファイナンシャルプラン二ング技能士(資産運用)
DC(確定拠出年金)プランナー、住宅ローンアドバイザー、証券外務員

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング