オッサン「シャッター押してくれる?」にタメ口で返した結果…… 「儒教的価値観を押し付けないで」「年齢でマウント取りたいだけ」

ガジェット通信 / 2018年9月24日 7時30分

孟子の五倫の一つ「長幼の序」の年少者は年長者を敬い従うべきという考えは日本人に深く刻み込まれていますが、終身雇用が崩れて年功序列でない企業が増えていることもあり、疑問に感じる人が少なくなくなっているのが現状。

ある『Twitter』ユーザーが、旅行中にタメ口で答えた時に不愉快そうな顔をされたというエピソードをツイート。さまざまな意見が飛び交っていました。

オッサンがバグるという表現すごく的確、タメ口で話しかけてきた知らないオッサンにタメ口で返すとオッサンはほぼ確実にバグる

先日旅行中見知らぬオッサンに「シャッター押してくれる?」と言われたから「いいよ、カメラ貸して」と返したら心底不愉快そうな顔をされた、快諾してるのに何が不満なんだ

「笑った」「素晴らしい」という称賛が集まっていたこの返答。「年上を敬うべきというすり込みがある」「儒教的価値観を押し付けないでほしい」という声や、似たような経験をした人も。

私も似たような経験あります。

見知らぬオバサンにタメ語で話しかけられ道を聞かれたので、こちらもタメ語で返し、教えたら不機嫌そうに「あ、そう」と去って行きました笑

どのような相手に対しても敬意を持って接することの出来るような大人になりたいですね。

「敬われたいなら敬われる行動をすべき」といった意見も多数上がっていましたが、別のユーザーは次のようにツイート。

誰かを敬うかどうかを決めるのは個人の権利でありそもそもそいつを敬う義務もそいつに敬語を使う義務は無いしそいつが不愉快な思いをするのもそいつが勝手に相手の事を見下してるからだからそいつの落ち度。

また、ものを頼む時には誰が相手でも敬語を使うべきという人も。

わたしゃ、若者にものを頼むときでも、ちゃーんと、ため口でじゃなくて頼むけどな。

そうすれば、若者も『いいですよ』と返してくれる。

いくらジジイでも、見知らぬ人に頼むのだから、少しは相手に敬意を払えばえーがな。

ジジイが偉い訳ではないじゃろ。んな事気にするようなジジイは修行が足りん

一方で、「年上には敬語という価値観で育っている人は仕方ない」といった声も上がっていました。

それってオッサンがそんなにも悪いのかなあとも。。

オッサンは年上の方々には敬語を使うという価値観の時代に育ったから年上の方々には敬語だろうし…

それが当たり前の社会の中で育てられただけですよね。

そのオッサンに今時の価値観をぶつけて糾弾するのは少し可哀想な気もします…

「年齢でマウント取りたいだけでは」「年上と目上を混同している」という意見があったのに対して、「失礼に失礼で返しているのでは?」「小学生相手に敬語は使わない」といった懐疑的な声も上がっていたタメ口問題。「自分はそうならないように気をつけよう」と自戒する人も見られましたが、何かをお願いする時には相応の言葉を選ぶことを心がけたほうがよさそう。

ちなみに、元ツイート主によると、その後に逆上されるようなことはなく写真を撮ると「まあまあの笑顔だった」とのこと。どちらの立場にしても、儒教における「仁」本来の意味である人を思いやることを大事にしたいものです。

※画像は『足成』より

http://www.ashinari.com/2012/04/07-360327.php [リンク]

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング