USB PD対応でコンパクトなモバイルバッテリー アンカー・ジャパンが『Anker PowerCore 10000PD』を発売

ガジェット通信 / 2019年3月22日 10時0分

アンカー・ジャパンは3月22日、モバイルバッテリーの新製品『Anker PowerCore 10000PD』を発売しました。Amazonでは初回500個限定で20%OFFの4599円(税込み)で販売します。

USB Type-A出力ポートと、入出力に利用できるPower Delivery対応のUSB Type-Cポートの2つのポートを搭載。USB-Aで最大10W、USB-Cで最大18Wの2ポートから2台同時に充電が可能。USB-C入力では、USB PD対応の急速充電器とケーブルを使って約3.5時間で本体を満充電にできます。

電源ボタンを2回押す、または2秒間長押しすると低電流モードに切り替わり、イヤホンなど小型電子機器やウェアラブルデバイスに最適な電流で充電ができます。価格は4599円(税込み)。

『Anker PowerCore 10000PD』仕様

サイズ:約 114×52×25mm

重さ:約192g

PD 入出力:5V = 3A、9V = 2A、15V = 1.2A

PowerIQ出力:5V = 2A

パッケージ内容:

Anker PowerCore 10000 PD、 USB-C & USB-C ケーブル、トラベルポーチ、取扱説明書 (※Micro USB ケーブル 、ライトニングケーブルは別売り)

注意事項:

– 18W 以上の入力を要求する USB-C 機器には正常に充電できない場合があります。

– 約 3.5 時間で本製品を充電するには、USB PD 対応の USB 急速充電器(別売り)をご使用 ください。USB PD非対応 USB充電器をご使用の場合の充電時間は約 9 時間です。

– HDMI 接続中の Nintendo Switch へは充電できません。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング