【TGS2012】東京ゲームショウ2012来場者数過去最多の22万3753人 規模は縮小しても来場者増

ガジェット通信 / 2012年9月23日 20時54分

9月20日から23日まで千葉幕張メッセで4日間開催されていた『東京ゲームショウ2012』。国内最大のゲームイベントで、国内外のゲーム関係メーカーがこのイベントに集結するのである。しかし今年はマイクロソフトがブース展示を行わず、また規模も縮小されており少し寂しい東京ゲームショウとなった。

スクウェア・エニックスはプレイアブル展示はなく、全て映像展示のみ。また大きなブースは全て『GREE』や『gloops』といったソーシャルゲームメーカーであり、既存コンシューマーゲームメーカーもソーシャルゲームや携帯アプリを展示するほどである。

そんな『東京ゲームショウ2012』の来場者速報が送られて来たので報告する。

4日間の来場者は22万3753人と過去最多の来場者数となっており、4日間の内訳は次の通り。

■ビジネスデイ

9月20日(木) 27,391人

9月21日(金) 24,504人

■一般公開日

9月22日(土) 94,989人 (内ファミリー 16,760人)

9月23日(日) 76,869人 (内ファミリー 15,616人)

昨年の『東京ゲームショウ2011』の来場者数は22万2668人となっており、昨年より1085人上回ることとなった。規模は縮小してもゲーム業界への熱は冷めてないということなのだろうか。

アンケート実施中

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング