猫の小さな“前歯”は何のためにある? かわいいだけじゃない意外な役割が話題に

ガジェット通信 / 2021年1月3日 10時30分

大あくびをしたときなどにチラリとのぞく、猫の「前歯」。犬歯(牙)とくらべるとかなり小さく可愛らしい見た目をしていますが、意外にも重要な役割を果たしているようです。

獣医師の獣医にゃんとす(@nyantostos)さんが投稿した豆知識が、Twitterで注目を集めていたのでご紹介します。

https://twitter.com/nyantostos/status/1344508809532723201

先日、獣医にゃんとすさんは「猫のかわいいところを挙げたらキリがないですが、とりあえず前歯のかわいさは異常!」とコメントを添えて猫の前歯の写真をツイート。

投稿によれば、この前歯は「実はグルーミングのときに毛をかみかみすることでクシのような役割をしていると考えられて」いるのだとか! 猫ちゃんたちの美しいボディには、こんな秘密が隠されていたのですね。

ツイートは猫好きの間で話題を呼び、投稿を見た人からは以下のようなコメントが寄せられていました。

・ずっと気になってた。そういう役割あったのか。にゃるほど。

  

・猫ちゃんて可愛いだけじゃなく神秘の塊だ

  

・にゃんこの前歯見る度に可愛くて愛しくてひたすら幸せになります〜

  

・この前歯でカミカミされるとくすぐったいけど気持ち良いんで癖になります

ツイート主の獣医にゃんとすさんのブログでは、キャットフードやトイレの選び方などの猫のお世話に関するお役立ち情報などを発信中。飼い主さんはあわせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

・げぼくの教科書|獣医にゃんとすのブログ

https://nyantos.com/

※記事化協力:獣医にゃんとす(@nyantostos)さん

https://twitter.com/nyantostos

(執筆者: しゃむ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング