[総体]「和歌山のためにも名を上げたい」初芝橋本が千葉王者・習志野撃破!!

ゲキサカ / 2014年8月3日 22時44分

[総体]「和歌山のためにも名を上げたい」初芝橋本が千葉王者・習志野撃破!!

[8.3 全国高校総体2回戦 習志野高 0-3 初芝橋本高 韮崎中央公園芝生広場]
 
 平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技2回戦が3日に行われ、初芝橋本高(和歌山)が習志野高(千葉1)に3-0で勝利。3回戦進出を果たした初芝橋本は4日の3回戦で大津高(熊本)と戦う。

 開口一番、「苦し過ぎですよ」と語った初芝橋本の阪中義博監督だが、千葉1位相手に会心の勝利。主将のMF渡辺淳揮(3年)も「正直嬉しかったです。市船、流経に勝って上がってきたチーム。ホンマ良かった」と語り、2人の表情からは充実感がにじみ出ていた。

 習志野は千葉県予選で昨年の全国総体準優勝校・流通経済大柏高と同優勝校の市立船橋高に勝ち、千葉第1代表、第1シード校として今大会に臨んでいた。前評判の高い相手だったが、初芝橋本が幸先よく先制点を奪い取る。前半11分に渡辺の右FKを「普段は点を取れないけれど取れて嬉しかった。習志野には速い選手、高い選手がいて向こうの方が能力は上だった」というCB永見皓平(3年)が頭で合わせて1-0。「獲りに行こうとする姿勢がないと取れない」という阪中監督の言葉を力に、攻撃力ある習志野と真っ向から挑んだ初芝橋本が先手を取った。

 習志野は快足MF藤池翼やFW串間竜弥(ともに3年)がゴールを目指して突破を試みるが、攻撃が単発で出足良くボールを弾き返すCB西岡伸(3年)と永見中心に守る初芝橋本に圧力をかけることができない。それでも後半は習志野が怒涛の攻撃を見せる。だが初芝橋本は背後への攻撃に対してPAから大きく飛び出して対応するGK立川小太郎(3年)が圧巻の存在感。相手との接触プレーを怖れず、ハイボールの強さを発揮する186cmの守護神だけでなく、渡辺がスーパークリアを見せるなど全員で1点を守り続ける。

 17分に左サイドからドリブルで仕掛けた習志野MF梶浩徳(3年)の右足シュートは立川が好セーブ。20分には習志野が左サイドから切り崩してMF木村拓麻(3年)、藤池が連続シュートを放ったが、初芝橋本は左SB梶川恭佑と右SB岡本涼(ともに3年)が連続クリアでゴールを許さない。阪中監督は「身体張らんかったら、ウチ何もないでしょう」と笑ったが、ゴール前で見せた魂の守りで1点を守り抜く。ただ守るだけでなく、初芝橋本は後半13分に腰に負傷を抱えるエース末吉塁(3年)を投入。彼が起点となり、前がかりとなった相手から2点目を狙っていった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング