[総体]大津が初のファイナル進出!!熊本県勢29年ぶりVへ王手!!

ゲキサカ / 2014年8月7日 18時15分

[総体]大津が初のファイナル進出!!熊本県勢29年ぶりVへ王手!!

[8.7 全国高校総体準決勝 大津高 1-0 前橋育英高 韮崎中央公園陸上競技場]

 平成26年度全国高校総体「煌(きら)めく青春 南関東総体2014」サッカー競技は7日、準決勝を行い、大津高(熊本)対前橋育英高(群馬)戦は1-0で大津が勝ち、初の決勝進出を果たした。熊本県代表の決勝進出は85年大会で優勝した九州学院高以来、29年ぶり。大津は8日、初優勝を懸けて東福岡高(福岡)との決勝に臨む。

 歴史が変わった。近年、数々のタレントを擁して全国舞台に臨んできた大津だが、優勝、ファイナル進出は過去一度もなし。08、09年の全国総体ベスト4が最高成績だった九州の雄が、ついに日本一に王手をかけた。公立校の大津を20年かけて全国レベルの強豪へ育て上げてきた平岡和徳監督は「選手一人ひとりが自信を持って、相手もいいチームでしたけれど、1対1、個対個の中で本当に物怖じせず、準決勝はなかなか難しい場所ですけれど、その中で子供たちが本当に素晴らしいパフォーマンスをしてくれたと思います」と選手たちに目を細めつつ、「満身創痍でしょうけど、まだまだもう1試合残っていますから、新しいものつくってもらえればいい」と期待した。

 この日戦った前橋育英は5年前の全国準決勝で敗れている因縁の相手。MF鈴木徳真主将、MF渡邊凌磨(ともに3年)というU-19日本代表コンビや4試合連続ゴール中のFW青柳燎汰(3年)らを擁する前橋育英と、こちらも4戦連発中のMF葛谷将平やMF坂元大希(ともに3年)らタレント揃う大津との対戦は予想通りに1点を争う好勝負となった。立ち上がりは大津がプッシュする。3分に左サイドから仕掛けた坂元の折り返しをMF古庄壱成(3年)が決定的なシュート。これはGK吉田舜(3年)に阻まれたものの、直後には葛谷が右サイドから左足シュートへ持ち込む。前半、攻撃のポイントとなった坂元がドリブルでの仕掛け、外からのクロスでチャンスメーク。12分にはインターセプトした右SB河原創(2年)の対角線のクロスボールをファーサイドの坂元が左足ダイレクトで合わせた。
 
 ポゼッションを展開しつつ、ディフェンスラインからSBの後方に長いボールを入れてくる大津に対し、前橋育英は7分に鈴木がインターセプトから右足ミドルを打ち込むなど、切り替えの速い攻守からシュートシーンをつくり出そうとする。右MF坂元達裕(3年)がキレのあるドリブルで局面を打開していたほか、正確なつなぎを見せたMF小泉佳穂(3年)や鈴木を起点に渡邊らがテンポの速いパス交換でDFを剥がそうとする。注目MF渡邊が強引にDF間を割って入ろうとするシーンもあったが、前半は互いに守備のバランスを崩さなかったこともあり、大きな波のない、拮抗した35分間となった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング