[DFB杯]バイエルンが3部相手に4発快勝、グアルディオラ監督は「時間が必要」

ゲキサカ / 2014年8月18日 9時49分

[DFB杯]バイエルンが3部相手に4発快勝、グアルディオラ監督は「時間が必要」

[8.17 DFBポカール1回戦 ミュンスター1-4バイエルン]

 DFBポカール(ドイツ国内杯)は17日、1回戦を行い、昨季のブンデス王者バイエルンが敵地でミュンスター(3部)と対戦し、4-1の快勝を収めた。

 3バックを採用したバイエルンはDFダンテ、DFイェロメ・ボアテングとともに12年12月1日以来となる公式戦出場となったDFホルガー・バトシュトゥバーを最終ラインに並べた。

 序盤のピンチをGKマヌエル・ノイアーの好セーブでしのぐと、前半19分にFWロベルト・レワンドフスキのクロスをMFマリオ・ゲッツェがヘッドで決めて先制。さらに同29分にはFWトーマス・ミュラーがネットを揺らし、2-0として前半を折り返す。

 後半に入っても攻撃の手を緩めず、後半7分にはMFダビド・アラバがロングシュートを叩き込むと、同28分にはFWクラウディオ・ピサロがループシュートを沈めてリードを4点差に広げる。

 試合終了間際にPKを決められて1点を返されたものの、逃げ切ったバイエルンが4-1の勝利を収めて2回戦に駒を進めた。

 クラブ公式ウェブサイトによると、チームを率いるジョゼップ・グアルディオラは試合後に「素晴らしいパフォーマンスに満足している」と語りつつも、「しかし、まだ時間が必要だ」と勝って兜の緒を締めた。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング