[Fリーグ]3戦ぶり勝利に導く決勝弾の大分FP仁部屋「もう一回、連勝していけたら」

ゲキサカ / 2014年8月21日 18時0分

[Fリーグ]3戦ぶり勝利に導く決勝弾の大分FP仁部屋「もう一回、連勝していけたら」

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 北海道3-4大分 駒沢]

 Fリーグは16日、第9節1日目を駒沢体育館で行った。第1試合ではエスポラーダ北海道とバサジィ大分が対戦。前半に北海道が3点をリードしたが、後半に猛反撃を見せた大分が4-3で競り勝っている。決勝点を挙げてマン・オブ・ザ・マッチに選出された大分のFP仁部屋和弘は、0-3で前半を終えて「3点くらい自分で決めたいと思った」と、攻撃に専念する考えを持ったことを明かした。

 以下、試合後の大分FP仁部屋選手インタビュー

―今日の試合の感想は?
「今日の試合は、あのまま…見たままです」

―0-3の前半は、省エネ?
「いやいや、省エネっていうか、なんですかね? 前節までの悪い流れをそのまま出しちゃった感じですよね。けど、後半っていうか、ハーフタイムにみんなで『もう一回イチから』って確認したというか。基本的な、1対1で負けないとか、そういうところを意識しようといって、あとは『力残さず行け!!』って監督からも言われましたし。それが良かったんじゃないかと思いますね」

―仁部屋選手も、前半はボールをさばいていたが?
「前に行ったら、ボールが来ないので、受けに戻っていたんです。正直、ボールを出すと、みんな後ろ向きにボールを受けちゃっていたから、もう一つ下がっちゃう。そこで僕が前に行ったとしたら、ボールが来ずに相手ボールになって、結局攻められるから、結局、ああするしかないんです。人を見てやっていますが、僕が出ているときの人たちは、結構、そういう人が多いので。後ろでさばく人がいないと、ゴール前までいけないかなという感じがしましたし…。あと、守りも安心できなかったのでカバーに入ったこともありました」

―後半は吹っ切れたように、運んで行ったが?
「そうですね。後半はとりあえず、3失点もしていましたし、とりあえず3点くらい自分で決めたいと思ったので。もう関係なく、前に行こうと思って。味方へのパスコースがなくても、自分が良い所にいれば、そこに良いボールがくればいいかなという感じに割り切りました」

―3点目の松山選手のゴールにつながったドリブルは、圧巻でした。
「そうですか? 真っ直ぐ走っただけですけどね(笑)」

―最後、決勝ゴールは良いポジショニングで受けましたが?
「そうですね。相手が触れるかなと思ったんですけど、届いたので良かったですね」

―この勝利で2連敗の雰囲気は断ち切れそう?
「まぁ、次の試合で勝ちたいですね。そして、もう一回連勝して行けたらいいなと考えています」

―マン・オブ・ザ・マッチの強化金の使い道は?
「みんなで食事に行きたいと思います。仲良く、いつも通りしたいと思います(笑)」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング