古巣ミランの復活願うザックが愛弟子本田に期待「今季の成功が分かる」

ゲキサカ / 2014年8月27日 17時28分

古巣ミランの復活願うザックが愛弟子本田に期待「今季の成功が分かる」

 前日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、ミラン公式チャンネルのインタビューに応じ、所属する日本代表MF本田圭佑について言及した。

 古巣で背番号10を付ける愛弟子についてザックは、「ミランのシャツは特別な重さがある」と、まずは彼が背負うプレッシャーを擁護。しかし以降は本田に対する絶大だ信頼を語った。

「ホンダについてインタビューで求められることは多い。これまでも彼についてはよく話しているが、ケイスケ・ホンダは素晴らしい個性を持っている。技術的にはストライカーの後ろ、そして右のアウトサイドでのプレーも可能だ。チームをリードする力も持っている。今のミランに必要な選手だとみている」

 さらに本田について分析するザックは、古巣の復活とともに、今季の本田に対する期待を語った。

「ケイスケの唯一の欠点は足が遅いこと。ただスピードは持っている。それは足ではない部分だ。ドアへの最短距離を知っている。ストライカーの下に置くには最適の選手。右アウトでもプレー可能で、ミランの4-3-3のフォーメーションには適している選手だ。彼はコーチとも非常によく話す。彼は役割を常に理解したがる。これはミランにとっても大きな利点となるはずだ。私には分かる。今年、ミランとケイスケ・ホンダは良い結果が出せると確信している」
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング