久保が開幕戦以来のフル出場で2点目の起点になるもヤングボーイズは逆転負け

ゲキサカ / 2014年10月6日 0時57分

[10.5 スイス・スーパーリーグ第11節 アーラウ3-2ヤングボーイズ]

 スイス・スーパーリーグは5日、第11節を行った。FW久保裕也の所属するヤングボーイズは敵地でアーラウと対戦し、2-3で敗れた。9試合ぶりの先発出場となった久保は前半30分の勝ち越しゴールの起点となり、開幕戦以来のフル出場を果たすもチームは4試合ぶりの黒星を喫した。

 ヤングボーイズは前半20分、MFアドリアン・ニクチのアシストでMFレオナルド・ベルトーネが先制点を挙げる。同28分には同点ゴールを許すも、その2分後の30分、久保の浮き球パスに左サイドを抜け出したFWサムエル・アフムのクロスをMFレナト・シュテッフェンがジャンピングボレー。これがゴール右隅に突き刺さり、2-1で前半を折り返した。

 後半14分に再び同点とされたヤングボーイズ。同22分にはFWモレノ・コスタンツォの横パスから久保が狙いすました右足シュートを放つもわずかにクロスバーの上に外れる。その後も勝ち越しゴールを挙げられないでいると、同40分にまさかの逆転ゴールを決められて、2-3で試合を終えた。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング