[選手権予選]雨中の逆転劇!強力2トップと好守の東京朝鮮がV候補・成立学園撃破!!:東京B

ゲキサカ / 2014年10月7日 17時9分

[選手権予選]雨中の逆転劇!強力2トップと好守の東京朝鮮がV候補・成立学園撃破!!:東京B

[10.5 全国高校選手権東京都Bブロック予選2回戦 東京朝鮮高 2-1 成立学園高 駒沢第2]

 5日、第93回全国高校サッカー選手権東京都Bブロック予選2回戦が行われ、今夏の全国高校総体に出場した成立学園高と東京朝鮮高が対戦。1-1で延長戦にもつれ込んだ一戦はFWハン・ヨンテ(3年)の決勝ゴールによって東京朝鮮が2-1で制し、保善高と戦う準々決勝へ進出した。

 台風18号が接近する中、東京都内は未明から断続的に強い雨が降り続いていた。その中で優勝候補の一角、成立学園を東京朝鮮が撃破。100分間の激闘の末に掴んだ勝利について、高隆志監督は「子どもたちの勝つ気持ちが、最後まで諦めない気持ちが勝因だと思います」と気持ちの強さでもぎ取った1勝であることを強調していた。

 試合は前半7分に動いた。成立学園はJ注目のレフティー、MF上田悠起(3年)のスルーパスによって右サイドを抜け出したFW町田ブライト(3年)が倒れ込みながらも先制ゴールを流し込む。オフサイドギリギリのタイミングでの飛び出しからの一撃。オフサイドのアピールをする東京朝鮮の猛抗議も実らず、成立学園に強豪対決の流れを傾ける1点が加えられた。この失点直後から、5バックでスタートした東京朝鮮はスイーパーの大型DFチェ・フィジョン(3年)を前線に上げてハン・ヨンテとの2トップへ移行。そして4バックに変える布陣変更を試合開始からわずか10分弱で試みた。当初から1点取られた時点で攻撃型のシステムへスイッチすることを決めていたという東京朝鮮だが、高監督も「勇気出して行ったらハマりました」と振り返ったように、この変更が相手に圧力を与え、逆転劇を演出することになった。
 
 東京朝鮮は「(チェ・フィジョンは)キープできるし、大きいけれど足元が起用。ボクは足元はないけれど、一人二人来てもこじ開けていく突破力がある」とハン・ヨンテが分析する2トップが高い位置でボールを収めて攻撃の起点となると、19分にはPAでチェ・フィジョンがつないだボールから1年生FWリャン・ヒョンジュが決定的な右足シュート。その後もチェ・フィジョンの左足ミドルがゴールを襲うなど反撃する。

 一方、成立学園は得意のポゼッションからサイド攻撃。上田をはじめ、攻撃参加したCB内田悠磨や右SB吉田将也(ともに3年)がスルーパスを狙い、それに呼応するように町田ブライトとFW町田ジェフリー(1年)の兄弟2トップがスペースへ飛び出していく。また最終ラインではCB中村樹生(3年)が相手の高さに対抗。そしてセカンドボールをMF守屋怜治(3年)らが根気強く拾って攻撃につなげていた。ただ、34分にMF柴田知樹(3年)の落としから上田が左足を振りぬくなどシュートシーンをつくったが、東京朝鮮も「出れない子たちの声援があったし、いろいろな同胞たちが見に来てくれて力になりました」というCBキム・ジョンホ主将(3年)や左サイドで注目MF上田を徹底マークしたSBパク・スンホ(2年)を中心とした守りで1点差のまま食らいつく。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング