[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.1

ゲキサカ / 2014年10月25日 2時21分

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.1

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは佳境に突入している全国高校選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター5氏に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第1回は関西を中心に活動する森田将義氏による11名です。

 森田将義氏:「普段、陽の目を浴びる機会が少ない関西の高校サッカーですが、岡崎慎司を筆頭に多くの日本代表選手を輩出するように人材は豊富。今年も選手権を機に大きく羽ばたきそうな選手が多くいます。しかし、全国の舞台に立てるのは夏のインターハイ含めても一握りの選手のみ。そこで、今回はインターハイで涙を飲んだチームの中から、飛躍を期待する選手を選びました。リベンジを誓う彼らの活躍と共にチームの頑張りを見て貰えればと思います」

GK安川魁(大阪・履正社高3年)
「大一番での強さが光る履正社の絶対的な守護神。小学生時代から自信があるというPKセーブが持ち味で、昨年度は選手権予選の決勝で2本ストップし、チームを選手権に導くと、全国の舞台でも本領を発揮。3回戦の青森山田戦でも2本のPKを封じ、8強入りを手繰り寄せた」

DF山室修平(大阪・近大附高3年)
「展開力に優れたDF。これまではボランチや右WBを務めていたが、主将に就任した今年は近大附の伝統である3バックの中央にコンバート。171cmという身長を補う以上の、的確な判断力を活かした守備で後方を引き締めながら、正確なキックで攻撃の起点としても機能する」

DF伊勢渉(兵庫・神戸国際大附高3年)
「よく陽に焼けた肌と坊主頭がひと際、目を惹くCB。183cmという上背の高さと共に目立つのは高校生離れした身体能力の高さ。しなやか身のこなしと、バランス感覚に長けており、難しい状態でもきっちり相手の攻撃をはじき返す」

DF河原直希(京都・立命館宇治高3年)
「立命館宇治を支えるDFリーダー。正確な左足キックが持ち味で、組み立ての一歩目となりつつ、機を見ては前線に長いボールを入れ、攻撃の局面を変える事が出来る。もちろん守備でも目を惹く存在で、冷静なカバーは秀逸。選手権出場の鍵を握る存在だ」

DF西川竣也(大阪・阪南大高3年)
「トリッキーなフェイントとスピードを活かしたドリブル突破が自慢の左SB。背番号11を背負い、一列前でのプレーも難なくこなせるなど攻撃力は全国レベル。深い位置まで仕掛けてからの左足クロスで阪南大高を初の選手権に導けるか注目だ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング