[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.2

ゲキサカ / 2014年10月25日 2時21分

[選手権予選]ユース取材ライター陣が推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.2

特集企画「ユース取材ライター陣が推薦する『全国高校選手権予選注目の11傑』」

 ゲキサカでは佳境に突入している全国高校選手権予選の注目選手を大特集。「選手権予選注目の11傑」と題し、ユース年代を主に取材するライター5氏に選手権予選注目の11選手を紹介してもらいます。第2回は(株)ジェイ・スポーツのJリーグ中継プロデューサーを務める傍ら、東京都中心にユース年代のチーム、選手を取材する土屋雅史氏による11名です。

 土屋雅史:「今年も定点観測している東京に絞って選出させて頂いています。都内でサッカーをする高校生なら誰もが夢見る西が丘へ辿り着いたチームの中から、11人を選出させてもらいました」

GK仲間琳星(東京・國學院久我山高)
「昨シーズンから名門久我山のゴールマウスに立ち続けてきた守護神。ボールを大切にするチームにあって、足元の技術に長けた仲間の存在は絶対不可欠。彼が加わることでビルドアップにも一気に幅が増す。2年間に渡って共に守備陣を牽引してきた内藤健太と味わった国立での悔しさを払拭すべく、最後の冬に挑む」

DF鴻巣良真(東京・國學院久我山高)
「昨年はインターハイ、選手権共に全国を経験した上、地元開催の国体で全国制覇を成し遂げるなど、その経験値は都内屈指。昨夏のインターハイでは1回戦でゴールも記録するなど、攻撃力が魅力的なSB。4-1-2-3から3-3-1-3へのシステム変更に伴い、中盤の右サイドを担うことが予想されるが、縦にも行けてゲームも創れる新感覚サイドアタッカーだ」

DF内藤健太(東京・國學院久我山高)
「富樫佑太(現・ウラカン・バレンシアCF)から10番を、渡辺夏彦(現・慶應義塾大)からキャプテンを受け継いだ、押しも押されぬ大黒柱。シーズン序盤は中盤を務めていたが、現在は再びCBへ復帰。相手をフィジカルで潰せる久我山の中では珍しいタイプ。昨年の国立の開幕戦では悔しい経験を突き付けられており、その借りは全国の舞台でしか返せない」

DF渡辺東史也(東京・実践学園高)
「『アイツはピッチ上の監督』と野口幸司コーチも絶大の信頼を置くCB。試合中のポジションチェンジが頻繁に行われる実践の中でも、彼が最後尾のセンターから外れることは絶対にない。上背はないものの、2年前の主将・鴻田直人(現・横河武蔵野FC)を髣髴とさせるコーチングとポジショニングの的確さが持ち味。2年ぶりの全国出場はこの男が鍵を握る」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング