[選手権予選]ルーテル学院が延長戦で昨年度代表校・熊本国府撃破:熊本

ゲキサカ / 2014年11月7日 7時2分

[選手権予選]ルーテル学院が延長戦で昨年度代表校・熊本国府撃破:熊本

[11.2 全国高校選手権熊本県予選準々決勝 ルーテル学院高 1-0(延長)熊本国府高 水前寺公園競技場]

 第93回全国高校サッカー選手権熊本県予選準々決勝が2日、水前寺公園競技場で行われた。昨年度の代表校・熊本国府高と3年ぶりの優勝を狙うルーテル学院高との一戦は、延長戦までもつれる接戦の末、ルーテル学院が1-0で勝利を収めた。
  
 ルーテル学院は5バックの布陣を敷いてきた熊本国府を前に、序盤から攻撃陣が沈黙してしまう。両サイドに構える右MF蛭間匠(3年)、左MF涌田千慧(3年)のところまではボールを運ぶことができたが、2トップのFW中原輝主将(3年)、FW上江啓太(2年)に良い形で繋がらず、形を作る事が出来ない。
 
 一方の熊本国府は5バックの守備ブロックを敷くと、攻撃においては右SB倉原弦岐(3年)、左SB川上康平(3年)のオーバーラップから攻撃の起点を作る。前半16分にはMF大津信太朗(2年)のスルーパスからFW原口克俊(2年)が決定機を迎えるが決め切れない。その後も試合の主導権を握るが、GK前田幸志(3年)を中心としたルーテル学院守備陣を前に得点が奪えず、前半を折り返した。
 
 後半に入っても、熊本国府が試合の流れは変わらない。10分にMF山口慶希主将(3年)のクロスから大津、24分には川上康の左CKからMF田中友巳(2年)がシュートを放つも、決定力不足を露呈し、決め切れない。するとこの状況をルーテル学院・小野秀二郎監督が見逃さなかった。「こう着していったので、どっちが先に交代のカードを切るかというところがポイントでした。向こうは大きい選手しか残っていなかったので、ギリギリまで攻撃的なカードは切ってこないと思っていました。なので、こっちから切るしかないと思っていた」と指揮官が説明したように、ルーテル学院はMF岩崎巧(3年)、MF川上祐生(2年)、MF馬場直樹(2年)という攻撃的な選手を投入し、攻勢に出た。すると、次第に攻撃の形が作れるようになってくる。37分には蛭間が右サイドを突破してクロスを入れるなど、シュートまで持って行くことは出来なかったものの、得点の匂いがするようになった。しかし、得点を奪うまでには至らず、試合は延長戦へと突入する。

 試合終盤に攻撃のリズムを掴んだルーテル学院は延長前半4分に、右サイドでボールを持ち上がった途中出場の岩崎がGKとDFの間を狙いアーリークロスを入れる。すると、GKが触れてこぼれたところを蛭間が右足で押し込みネットを揺らした。押し込まれる展開の続いていたルーテル学院が均衡を破った。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング