[選手権予選]リベンジの舞台へ、「DFの集中力が高かった」星稜が石川16連覇

ゲキサカ / 2014年11月10日 9時37分

[選手権予選]リベンジの舞台へ、「DFの集中力が高かった」星稜が石川16連覇

[11.9 全国高校選手権石川県予選決勝 星稜高 4-0 遊学館高 金沢市民]

 第93回全国高校サッカー選手権石川県予選決勝が9日、金沢市民サッカー場で行われた。昨年度全国大会準優勝の星稜高が同じプリンスリーグ北信越勢の遊学館高を4-0で危なげなく下し、16年連続で全国大会へと駒を進めた。

「立ち上がりからセカンドをボールよく拾えていた。そこからの攻撃ですから、うちにとってリズムを作りやすかった」と河崎護監督が振り返ったように、星稜は序盤からCB鈴木大誠主将(3年)、CB高橋佳大(3年)らが相手の攻撃を潰すと、MF前川優太(3年)中心にセカンドボールを拾う。また、遊学館のFW浅沼大地(3年)にはMF平田健人(3年)がマンマーク気味に付いて相手のエースストライカー封じも敢行し、試合の主導権を握った。

 星稜は、前半13分に前川の左CKから平田のヘディングシュートを放つと、相手のハンドを誘い、PKを獲得。しかし、このPKはFW大田賢生(3年)がGK三浦基瑛(3年)に完璧に読まれてしまい、先制のチャンスを逃す。すると、ここまで押し込まれる展開が続いた遊学館は24分に浅沼の右FKからFW小倉龍太(3年)が左足で合わせるが、星稜GK坂口璃久(2年)の正面を突いてしまい、チャンスをものに出来ない。

 試合は意外なところから動く。26分に遊学館は自陣ゴール前でボールを大きく蹴り出そうとしたが、これが味方DFにあたりまさかのオウンゴール。運も味方につけた星稜がラッキーな形で先制した。星稜はその後、守備のブロックをしっかりと作り、ボールを奪うと、両サイドのU-16日本代表MF阿部雅志(2年)、MF藤島樹騎也(3年)を起点にボールを動かし、2トップのFW森山泰希(3年)、大田の裏に飛び出す動きなどから追加点を狙いにいく。そして38分にはSB原田亘(3年)が左サイドからアーリークロスを入れると、阿部が飛び込む。GKと1対1になるが、これはGK三浦のファインセーブに阻まれ得点を奪えない。しかし、直後の39分にこのプレーで得た左CKを前川が蹴ると、ファーサイドでフリーになった鈴木がヘディングで決めて前半を2点リードで折り返した。

 後半に入ると、遊学館はFW西海洋介(2年)を投入し、浅沼をボランチに配置する4-2-3-1への布陣変更で攻勢を強めた。しかし、星稜は「後半が始まって一瞬どうしようかなと考えましたが、CBが2トップを見て、自分がボランチを見るといういつものやり方に変えました」と平田が語るように、星稜は慌てること無く対応を変更。後半11分に浅沼の緩急を使ったドリブルからPAでシュートを放たれたが、シュートコースを切って得点を与えなかった。星稜は後半の中盤以降も相手に付け入る隙を与えず無失点で抑えると、前川と阿部を中心に攻撃を組み立てて次の1点を狙いにいく。19分には「3点目でゲームの勝負はあったかなと思う」と指揮官が語るように、バックパスをトンネルした遊学館GKのミスから勝負を決定付ける3点目を奪うことに成功した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング