[選手権予選]目標は全国8強だった昨年越え、履正社が延長V!:大阪

ゲキサカ / 2014年11月16日 9時31分

[選手権予選]目標は全国8強だった昨年越え、履正社が延長V!:大阪

[11.15 全国高校選手権大阪府予選決勝 履正社高 2-1(延長)阪南大高 キンチョウ]

 第93回全国高校サッカー選手権大阪府予選の決勝が15日、キンチョウスタジアムで行われ、履正社高が延長戦の末、2-1で阪南大高に勝利。2年連続2回目の選手権出場を決めた。

 2年連続の履正社か、初優勝の阪南大高か。激戦区、大阪の代表校が決まる瞬間を見届けようと5,000人の観衆が集まったこの日のキンチョウスタジアムでは、観衆の期待通りの熱戦が繰り広げられた。

 立ち上がりから、長尾悠平、安田拡斗のCB2人にアンカーの多田将希が加わりながら、ピッチの幅を使ったボール回しで履正社が試合を支配。阪南大高が守備の綻びを見せた瞬間にサイドチェンジや相手DFの背後など長いパスを前線に入れて、FW林大地を頂点とした3トップのドリブルを引き出した。

 前半20分には後方からのクサビを受けたFW牧野寛太がダイレクトパスを右へ展開。フリーで受けた折り返しのパスを再び、右にはたくと今度は林。動き直しから相手DFの間を抜けた牧野に三度ボールが渡ると、落ち着いてゴール右にシュートを決めて履正社が試合を動かした。

 先制された阪南大高は「声は届かないので、選手交代する事で選手たちにメッセージを送った」(濱田豪監督)と前半のうちにMF鳥越大智、FW高橋佳という2枚の攻撃のカードを投入。反撃体勢に入ると、前半終了間際の40分にFW奥平翼が高い位置でボールを奪い、素早く縦へスルーパスを展開。入ったばかりの高橋がフリーで抜け出したが、履正社・長尾のスライディングに阻まれてしまう。

 スコアを動かせないものの、攻撃の形を見せ始めた阪南大高は後半に入り、MF川崎雄一郎を起点としたパス回しで試合の主導権を奪い返すと、12分には後方からのロングボールが前線の奥平に渡る。奥平が相手DFに囲まれながらも、粘って転がしたボールに反応したのは高橋。走り込みながら、豪快に放った一撃が履正社のネットを揺らし、阪南大高が試合を振り出しに戻した。

 この1点で勢いに乗った阪南大高は盛り上がる応援団の声援に後押しされ、イケイケ状態に。21分にはエリア右でFKを獲得。ゴール前に低く入ったボールがDF湯田京志に当たり、前に出たGKの脇を抜けるもわずかにゴールから逸れるなどチャンスを掴みながらもあと一歩が及ばず。一方の履正社も「先制点を獲る所までは想定通り。追いつかれることもある程度、考えていた」(MF小川達也)と焦りはなし。守勢に守るだけではなく、FW瀧本高志など攻撃のカードを切ながら、再リードを狙ったが、双方ともに得点が奪えず、試合は延長戦に突入した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング