日本vsオーストラリア 試合前日のアギーレ監督会見要旨

ゲキサカ / 2014年11月18日 7時40分

日本vsオーストラリア 試合前日のアギーレ監督会見要旨

 日本代表は17日、試合会場のヤンマースタジアム長居で公式練習を行い、18日のオーストラリア戦に向けて最終調整した。

以下、練習後のアギーレ監督会見要旨

●ハビエル・アギーレ監督
「今週は落ち着いた練習ができた1週間だった。選手たちには気持ちがあるし、意欲的に取り組んでくれた。選手たちは良い練習をしてくれている。唯一、悪いニュースがあるとすれば、内田に膝の問題があるので、ゲームに出られない。彼は休みます。

 すでに日本で数日間、練習していて、こないだの国際Aマッチデーで試合をしていない相手と当たることになる。(オーストラリアは)アジア杯の優勝候補のチームであり、我々の力を試すのにいい相手だと思う。いいゲームをして、結果を残すということを続けることができればと思う」

―招集してまだ起用していない選手もいるが、彼らを明日の試合で試す考えはあるか?
「試合を勝ちに行こうと思っている。今回はテストではない。全員が高いレベルでやってくれているが、その中でベストの11人だと思う選手を使う。目的は勝つこと。相手に敬意を払いながら勝ちに行きたい」

―戦術練習もかなりやったようだが、手応えは? アジアのチームと初めて対戦するが?
「アジア杯が近づいているので、選手を試す、あるいはシステムを試す時間はどんどんなくなってきている。相手ボールのときの形を確認するトレーニングをかなり行っている。オーストラリアはアジア杯でもW杯予選でもライバルになるチーム。明日の試合は勝ちたいと思う」

―長谷部はホンジュラス戦で良い働きをしていたと思うが、彼は欠かせない選手か?
「長谷部はいい仕事をしてくれた。ウルグアイ戦では森重がその役割を担い、素晴らしい仕事をしてくれた。田口は若い選手で、そのポジションをこなせる特徴を持っている。今野もそのポジションのことを考えて、今回呼んだ。今野、長谷部、田口は3人ともそのポジションでできるので、森重をあえてそこで使う場面は減ってくると思う」

―岡崎はアギーレ監督になって代表ではノーゴールだが、彼にセンターフォワードとして期待していることは?
「岡崎はチームにとって素晴らしい選手だ。彼にとって最も良いと思えるセンターフォワードとして起用している。彼が得点を決めるかどうかというところは、彼がしっかり戦って、味方のスペースをつくる仕事をしているうちは気にしない。彼は絶対にガードを下げない。明日、そのがんばりの褒美がもらえればいいと思う」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング