[プレミアリーグWEST]首位・神戸U-18はC大阪U-18とドロー、最終節で4チームが優勝争う大混戦に!

ゲキサカ / 2014年12月1日 8時17分

[プレミアリーグWEST]首位・神戸U-18はC大阪U-18とドロー、最終節で4チームが優勝争う大混戦に!

[11.30 高円宮杯プレミアリーグWEST第17節 C大阪U-18 1-1 神戸U-18 C大阪舞洲G]

 高校年代最高峰のリーグ戦、高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグWESTは30日、第17節を行い、首位のヴィッセル神戸U-18 (兵庫)と3位のセレッソ大阪U-18 (大阪)が激突。互いに譲らず、1-1で試合を終えた。この結果、神戸の首位は変わらなかったが、4位の名古屋グランパスU18(愛知)までが勝ち点2差の中にひしめくことなり、優勝決定は最終節まで持ち越されることになった。

 神戸を勝ち点1差で追っていた2位・ガンバ大阪ユース(大阪)が、神戸対C大阪戦開始の2時間前に終わった名古屋戦を1-3で敗戦。C大阪に勝てば1試合を残して優勝が決まる神戸は「皆、気合いも入っていた」(DF山口真司)ものの、序盤から激しく1対1でぶつかってくるC大阪の前に、思い通りにボールが運べず。それでも、FW藤本裕豪が「相手のプレッシャーがかなり速く来ていたので、相手の背後をシンプルに突いて、押し込む形を作ろうと意識していた」と振り返ったように、高い位置からのプレスを仕掛けるC大阪の守備をかわし、自陣から米澤令衣、南島彰人の両ウイングへロングフィードを展開。彼らの突破からチャンスを伺った。

 前半19分には自陣右でのボールカットから中央に繋ぐと、受けたMF中坂勇哉が右のスペースへスルーパスを展開。南島が懸命に走ってボールに追いつき、ゴール前にパスを入れたが、素早く戻ったC大阪のクリアに阻まれる。31分には相手シュートを防いだGK吉川健太が相手エリア左にロングキックを通すと、米澤がヘディングで対応。競り合ったこぼれ球を藤本が拾って素早く中央に繋ぎ、中坂がドリブルからシュートを狙ったが、GKの正面を突いた。神戸は38分にも中盤でパスを受けた中坂が中央をスルーパスで崩すと、藤本がDFの間に飛び出してフリーで枠を狙ったが、再びGKに防がれた。

「我慢比べ」(野田知監督)のような前半を終えた神戸は、後半も相手DF裏へのロングフィードで試合を優勢に進めると7分、ハーフウェーライン左でFKを獲得。藤本の「練習から触っても触れなくても入るボールを蹴っている」というキックが勢いよくゴール前に飛び込むと、米澤が頭でコースを変えて、先制に成功した。その後は激しいプレスでC大阪の攻撃を封じ、相手にリズムを作らせない。リードを奪ってからも、攻撃の手を緩めず、34分にはゴール前に低く入った右CKを米澤が頭で合わせたが、クロスバーに阻まれて追加点が奪えない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング