[選手権]不満の内容も國學院久我山が初戦突破「良いゲームができるチャンスを貰えた」

ゲキサカ / 2014年12月31日 22時36分

[選手権]不満の内容も國學院久我山が初戦突破「良いゲームができるチャンスを貰えた」

[12.31 全国高校選手権1回戦 國學院久我山高 1-0 前原高 駒沢]

 31日、第93回全国高校サッカー選手権の1回戦が東京・駒沢陸上競技場で行われ、地元・東京A代表の國學院久我山高と沖縄県代表の前原高が対戦。開始早々にFW小林和樹が奪ったゴールを守りきった國學院久我山が1-0で勝利した。國學院久我山は1月2日に行われる2回戦では日章学園高(宮崎)と対戦する。

「良いゲームをやって負けるのが良いのか、悪いゲームでも勝ったから良いのか、分からない所。本当は良いゲームをして勝ちたいんですけど、(今日できなかった)良いゲームができるチャンスを貰えたと捉えています」。昨年、涙を飲んだ初戦を突破したにも関わらず、國學院久我山・李済華監督の喜びは少なかった。

 この日、久我山は東京都予選を戦った4-3-3システムではなく、中盤でのボール回しに長ける前原を警戒し、守備を重視した3-4-3を採用。自陣でのボール奪取からロングパスを前線に繋ぎ、攻撃に転じた。狙いは前半3分に早くもハマる。中央から左前方へロングフィードを展開すると、受けたFW澁谷雅也(1年)がドリブルで相手DFをかわし、ゴール前にパス。中央で待ち受けたFW小林和樹(2年)がダイレクトで合わせて、久我山が先制する。対する前原は當山隆馬、前濱和道(ともに3年)のダブルボランチを中心に細かくボールを動かし、攻撃のチャンスを伺ったが、ボールロストと同時に素早く攻守を切り換え、集団でプレスをかける久我山に苦戦。守備をかわし、ロングボールを狙っても「うちの守備は本当に上手い」と李監督が賞賛するDF内藤健太(3年)を中心とした久我山DF陣に抑え込まれた。

 以降も久我山が攻守両面で主導権を掴みながらも、「中盤でのミスが多かった。状況判断が悪い、ボールコントロールをミスすることが多く、見てられない試合だった」(李監督)と思うようにパスが繋がらず苦しんだが、それでも29分には中盤での混戦からMF鈴木遥太郎(2年)がゴール前にスルーパス。ゴール前に抜けたFW飯原健斗(3年)がGKを2度かわしてシュートを狙ったが、食いすがるDFにブロックされ、ゴールは奪えず。32分にも自陣からドリブルで持ち上がったDF花房稔(3年)が前線にクサビのパスを展開。PA手前でポストプレーをしたDF鴻巣良真から受け直し、ミドルシュートを狙ったが、勢いなくGKの正面に終わった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング