[CL]名手が思わぬミスから失点…ノイアー「それでも前に進まなければならない」

ゲキサカ / 2015年10月21日 9時44分

[CL]名手が思わぬミスから失点…ノイアー「それでも前に進まなければならない」

[10.20 欧州CLグループリーグ第3節 アーセナル2-0バイエルン]

 20日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第3節でアーセナルのホームに乗り込んだバイエルンは0-2の完封負けを喫し、公式戦の連勝は12でストップした。

 守護神の思わぬミスから先制点を献上することとなった。スコアレスのまま迎えた後半32分、MFサンティ・カソルラの蹴り出したFKに対してGKマヌエル・ノイアーがゴールを飛び出してクリアを試みる。しかし、ボールに触れることはできずに、後方で待ち構えていたFWオリビエ・ジルにヘディングで叩き込まれてしまった。

 クラブ公式ウェブサイトによると、ノイアーは「基本的にはいいプレーができていたし、引き分けには値していたかもしれない。でも、僕がアーセナルの先制につながるミスをしてしまった。僕がミスをしたということは分かっている」と自らのミスを認めつつも、「それでも前に進まなければならないんだ」と気持ちを切り替えようとしていた。

●欧州CL15-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング