大迫途中出場のケルン、最近7試合で6度目の無得点

ゲキサカ / 2015年12月6日 8時1分

[12.5 ブンデスリーガ第15節 ケルン0-1アウクスブルク]

 ブンデスリーガは5日、第15節2日目を行い、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでアウクスブルクと対戦し、0-1で敗れた。大迫は5試合ぶりのベンチスタートで、後半30分から途中出場。長澤はベンチ外だった。

 チームは5試合ぶりの黒星となったが、ここ3試合はいずれも無得点で2分1敗。最近7試合のうち6試合がノーゴールと、深刻な得点力不足に陥っている。
●欧州組完全ガイド
●ブンデスリーガ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング