グアルディオラの新天地はやはりイングランド…シティと3年契約締結と独紙

ゲキサカ / 2015年12月24日 20時23分

 バイエルンを今季限りで退団するジョゼップ・グアルディオラ監督の新天地はやはりイングランドのようだ。ドイツ紙『ビルド』によると、グアルディオラ監督は、マンチェスター・シティと年俸2500万ユーロ(約33億円)で3年契約を締結したようだ。

 バイエルンは今季終了後に契約が満了するグアルディオラ監督と交渉を行っていたが、契約延長には至らず、今月20日にグアルディオラ監督の今季限りでの退団と、来季からカルロ・アンチェロッティ氏が指揮することを発表していた。グアルディオラ監督には複数のビッグクラブが招聘に動いていたが、以前から噂されていたシティと契約を交わすようだ。

 現在シティを指揮するマヌエル・ペジェグリーニ監督は2017年までの契約を残しているが、今季がラストシーズンになる見込み。13-14シーズンにプレミアリーグとキャピタル・ワン杯の2冠に導いたが、UEFAチャンピオンズリーグでは未だにベスト16の壁を越えられないでいた。
●プレミアリーグ2015-16特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング