[プリンスリーグ東北]仙台ユース、クラブの総力結集して山形ユースとのダービーに勝利

ゲキサカ / 2016年9月4日 20時0分

[プリンスリーグ東北]仙台ユース、クラブの総力結集して山形ユースとのダービーに勝利

[9.3 高円宮杯プリンスリーグ東北第15節 仙台ユース 1-0 山形ユース 泉パークタウンスポーツガーデンサッカー場]

 3日、「高円宮杯U-18サッカーリーグプリンスリーグ東北第15節」が東北各地で行われ、宮城県仙台市の泉パークタウンスポーツガーデンサッカー場では、3位のベガルタ仙台ユースが4位のモンテディオ山形ユースと対戦した。

 プリンスリーグ東北の優勝争いは4チームに絞られた状況。第14節までで青森山田高セカンドが勝ち点36で首位。2位の尚志高、3位の仙台ユース、4位の山形ユースはいずれも勝ち点34で並ぶという大混戦。ユースみちのくダービーはこれまでもプリンスリーグ東北で行われてきたが、優勝争いを占う終盤の大一番として行われるのは初めてとあって、試合会場には両チームのサポーターが多数つめかけ、両チームの横断幕で会場は埋め尽くされた。

 この大一番だが、両チームともベストメンバーを組めなかった。仙台ユースはエースFWとして活躍してきた阿部龍之介(3年)とサイドアタッカーMF今野滉也(3年)がいずれも大学受験のため欠場。山形ユースもCBとして安定したプレーを見せてきたDF高橋成樹(3年)が累積警告で出場停止。チームの総合力が試される試合となった。

 前半は互角の戦い。両チームとも果敢に攻め合うが、仙台ユースはキャプテンのDF上田健斗(3年)、山形ユースもキャプテンのDF大網友也(3年)中心に守備の集中が切れず、前半は0-0で終わった。後半に入ると、仙台ユースは右サイドのMF佐々木翼(3年)、DF平澤健介(3年)が積極的に上がれるようになり、右サイドのクロスボールからチャンスを作り始めた。迎えた11分、平澤のクロスボールに飛び込んだのは、阿部の欠場でチャンスが回ってきたFW粟野健翔(1年)。「失点シーンはマークを外されてしまった」と悔やむ大網を振り切って放ったボレーシュートがゴールに突き刺さり、仙台ユースが先制した。

 先制を許した山形ユースは右サイドからMF石川脩也(3年)が果敢に突破を図り、ゴールに迫るが、GK松浦祥太郎(3年)のファインセーブもあり得点できず、時間だけが過ぎていく展開となった。終盤山形ユースは何度もセットプレーのチャンスを迎えたが、仙台ユースは最後まで粘り強い守備を見せ、そのまま試合終了。1-0で仙台ユースが勝利。この日、青森山田セカンドが敗れたため、優勝争いは1位・尚志、2位・仙台ユースが勝ち点37で一歩リードとなった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング