白熱の一戦制した日体大が4強入り!!出岡ゴールで追いついた昨季王者・関学大はPK戦の末に散る

ゲキサカ / 2016年12月14日 16時29分

日体大がPK戦の末に関学大を下した

[12.12 全日本大学選手権準々決勝 関西学院大1-1(PK3-4)日本体育大 町田]

 冬の大学日本一決定戦・第65回全日本大学サッカー選手権大会の準々決勝が12日に関東近郊で行われた。町田市立陸上競技場の第1試合では、前年王者の関西学院大(関西2)と日本体育大(関東3)が激突。日本体育大がPKで先制するも、関学大がエースFW出岡大輝(4年=G大阪ユース)の得点で追いつく。延長戦でも決着はつかず、PK戦の末にPK4-3で日体大が勝利した。

 他会場では阪南大(関西1)が順天堂大(関東4)に3-2で逆転勝利し、筑波大(関東2)は関西大(関西4)を2-1で下している。準決勝は15日に行われ、勝利した日体大は明治大対大阪体育大の勝者と戦う。

 この日の関西学院大はMF徳永裕大(4年=G大阪ユース)をアンカーに置く4-1-4-1システムではなく、徳永とMF宮村哲朗(4年=神戸U-18)がボランチを組み、トップ下にはMF山本悠樹(1年=草津東高)が入る4-2-3-1システムを採用。1トップは2回戦で4得点を決めたFW出岡大輝(4年=G大阪ユース)が務めた。

 日本体育大は4-4-2システムを採用。横浜FM内定のDF高野遼(4年=横浜FMユース)がメンバー外。2回戦の静岡産業大戦(0-2)で先発したが後半16分に途中交代しており、負傷の影響での欠場となった。これにより左SBでは、DF山崎勇一郎(4年=藤枝明誠高)が先発。FW瀧本高志(2年=履正社高)とFW太田修介(3年=甲府U-18)が2トップを組み、2列目左に関東リーグ得点王のMF高井和馬(4年=千葉SCユース)が入った。

 互いに堅い試合の入り。先にチャンスをつくったのは関西学院大。前半2分、新潟内定のMF森俊介(4年=東山高)が正面からドリブルで持ち込んで横パス。受けた出岡のシュートはDFにカットされた。同9分には日本体育大に決定機。瀧本が右サイドからパワフルな突破をみせ、中央へ折り返す。ニアへ詰めた高井のシュートはポスト右へ外れた。

 その後も一進一退の攻防が続く。日本体育大は瀧本がフィジカルを活かして切り込んでいき、セットプレーを得るも得点につなげない。関西学院大は森がドリブル突破で見せ場をつくったほか、宮村も前線へ顔を出し、山本らとショートパスをつないではチャンスをつくる。

 前半35分には日本体育大がサイドから押し込む。左サイドから持ち込んだSB山崎が粘って横パス。PA左の瀧本がDFを一枚かわして、シュートを打つがDFに背中に阻まれた。対する関学大は同37分、右サイドから森が仕掛け、ニアで受けた宮村がシュートを打つも、GK福井光輝(3年=湘南工大附高)に弾かれた。前半を0-0で終える。

 互いに交代のないまま迎えた後半。まずは10分、日体大がMF川戸大樹(4年=神戸U-18)の右CKからこぼれを展開。右サイドにいた山崎のクロスはファーサイドへ流れる。詰めたDFンドカ・ボニフェイス(3年=浦和東高)がダイレクトで叩くがクロスバー上へ大きく外れていった。

 後半15分には日本体育大に、この日一番の決定機がやってくる。関西学院大GK上田智輝(3年=京都U-18)が前に飛び出していたのを見逃さず。左サイドへ瀧本が抜ける。無人のゴールへ向けてのシュートは、決まったかに思われたが、ゴール前へ必死に走り込んでいたCB岡山宗星(4年=C大阪U-18)に頭でクリアされた。同19分に関西学院大はMF塩谷知哉(4年=広島観音高)に代え、MF魚里直哉(3年=C大阪U-18)を送った。

 チャンスを逃したものの、前半28分に日本体育大がついに試合を動かす。カウンターからPA左へドリブルで仕掛けた高井がCB米原祐主将(4年=作陽高)に倒され、PKを獲得。この場面で米原は警告を受けた。

 キッカーを務めたのはキャプテンのMF小泉将来(4年=FC東京U-18)。右足で放ったシュートはGK福井の指先を抜け、ゴール右上へ突き刺さった。1-0と先制に成功。リードした日本体育大の鈴木政一監督は同31分に山崎に代わり、DF原田亘(2年=星稜高)を入れる。

 1点を追う展開となった関西学院大。するとエースが仕事を果たした。後半33分、日本体育大のカウンター。自陣PA内で高井のボールを奪取すると、関西学院大が逆襲する。右サイドへ持ち込んだDF高尾瑠(2年=名古屋U18)の折り返し。ゴール前で待ち構えていた出岡が右足で流し込んだ。1-1と試合は振り出しに戻された。 

 後半41分に関西学院大は山本に代え、FW青木健登(4年=名古屋高)を投入。同42分に日本体育大は川戸に代わり、MF室﨑雄斗(3年=武南高)を送った。その後は得点は生まれずに15分ハーフの延長戦へ突入する。

 延長前半7分、日本体育大は室崎の右クロスから高井がヘディングシュートを打つもGK正面。同10分には関西学院大SB高尾が右サイドを駆け上がる。迫り来るンドカ・ボニフェイスをかわして前進。しかし折り返しはDF大畑隆也(1年=前橋育英高)にカットされた。同13分に関西学院大は左膝を痛めた青木に代わり、FW田口史也(3年=藤枝東高)を入れる。同15分には日本体育大が高井を代え、FW平川元樹(2年=札幌U-18)を送った。

 延長後半には関西学院大が途中出場の魚里を下げ、FW中井栞吏(3年=東海大五高)を入れた。延長後半5分にはンドカ・ボニフェイスを背負った出岡が正面から豪快なシュートを打つも枠を外れる。同7分には日本体育大がサイドから押し込み、PA右で室崎がキープするもCB岡山に阻まれた。

その後も関西学院大・上田、日本体育大GK福井の両守護神の奮闘もあり、スコアは動かない。延長後半終了間際に関学大はGK上田に代わり、PK戦を見越してGK妻鹿寛史(2年=立正大淞南高)を入れた。1-1で決着はつかずにPK戦へ突入した。

 PK戦の1人目は日体大のDF福田圭佑(3年=横浜FMユース)、関学大の出岡、ともに成功。しかし先攻の日体大2人目、小泉のシュートはクロスバー左を叩く。関学大の2人目・森は成功し、プレッシャーをかける。3人目はともに成功。日体大の4人目・瀧本は決めるが、関学大のSB小川原一輝(3年=関西学院高)のシュートはクロスバーを叩く。

 3-3で迎えた5人目。日体大の室崎は決めて、関学大の最終キッカーへプレッシャーをかけた。関学大10番の徳永のシュートは最後まで動かなかった守護神・福井が正面でキャッチ。この瞬間、1-1(PK4-3)で日体大の勝利が決まった。

●第65回全日本大学選手権(インカレ)特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング