栃木がMF牛之濱の今季初弾で完封勝ち! 山形は“試合後レッド”の後味悪い敗戦

ゲキサカ / 2018年4月28日 16時46分

決勝ゴールを挙げた栃木MF牛之濱拓

[4.28 J2第11節 山形0-1栃木 NDスタ]

 13位栃木SCが敵地で12位モンテディオ山形に1-0で勝利した。終盤までスコアレスの時間が続いたが、後半38分に途中出場のMF牛之濱拓が決勝点をマーク。2試合ぶりの白星で4戦負けなし(2勝2分)とした。

 試合の主導権を握ったのは山形。アウェーの栃木はボールを持たれながらも相手の隙を狙うと、前半11分にハイプレスから裏へ流れたボールを古巣戦のFW大黒将志が拾い、右足でループ気味のシュートを放つ。しかしGK児玉剛に止められ、その前にオフサイドも取られた。

 山形は前半41分に立て続けにビッグチャンス。左サイドのMF北川柊斗が左足で鋭いクロスを送り、ニアのFW阪野豊史が頭で合わせるも、GKジョニー・レオーニの好セーブに遭う。さらに、二次攻撃からFW中山仁斗が左足でボレーシュート。だが、これもGKジョニー・レオーニにストップされた。

 粘る栃木が均衡を破ったのは後半38分。MF夛田凌輔が左サイドからクロスを送ると、DF服部康平がヘッドでそらし、牛之濱がヘディングで押し込む。途中出場の牛之濱はこれが今季初ゴールとなった。

 山形は終盤の反撃も及ばず、今季初の2連敗。試合後にはFW南秀仁が主審から注意を受けてレッドカードを提示されるなど、後味の悪い敗戦となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第11節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング