ついにFIFAも認めた!賞賛とまらない乾貴士を“予想外に脚光を浴びた選手”として紹介

ゲキサカ / 2018年7月17日 7時59分

乾貴士への賛辞が止まらない

 日本代表MF乾貴士がロシアW杯で評価を高めた選手として、国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトで紹介されている。

 シーズン終盤に右大腿四頭筋を負傷し、ロシアW杯に間に合うか心配されていた乾。それでも無事、最終メンバー23人に選出されると、本大会では決勝トーナメント1回戦ベルギー戦で無回転シュートを決めるなど、4試合で2ゴール1アシストと日本代表の躍進に大きく貢献した。

 海外メディアは乾を高く評価しているが、FIFAも彼の活躍に拍手を送っている。今大会出場の726人の中から“予想外に脚光を浴びた5人”に選出した。乾についてFIFAは「彼は印象的だった。サイドで創造性、ゴール、予測不可能な動きで華々しいパフォーマンスを披露し、素早いパス回しとダイナミズムでクラシカルなサムライブルーのスタイルを体現した」と評価した。

 なお、乾のほかには、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー、ロシア代表MFデニス・チェリシェフ、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、コロンビア代表DFジェリー・ミナが選ばれている。
★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング