「彼はレジェンドになれる」パリSG加入のブッフォンが太鼓判

ゲキサカ / 2018年8月8日 22時31分

ジャンルイジ・ブッフォンがキリアン・ムバッペを絶賛

 パリSGに所属する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)が、フランス代表FWキリアン・ムバッペ(19)は「サッカーの歴史に残る選手になるだろう」と太鼓判を押した。英『フォー・フォー・トゥー』が報じている。

 ムバッペは、モナコ時代の2015年12月に16歳でプロデビュー。翌2016年には17歳26日でクラブ最年少得点記録を更新した。2016-17シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)で4強進出の立役者となった。そして、昨夏にパリSGに移籍。フランス代表の一員として出場したロシアW杯では、7試合で4ゴールを記録し、ヤングプレイヤー賞を受賞した。

 ムバッペとチームメイトとなったブッフォン。ユベントスに所属していた16-17シーズンの欧州CL準決勝モナコ戦でムバッペと対戦し、ゴールも奪われたが、試合終了後の元同僚DF{{アンドレア・バルザーリ}との会話が印象に残っているようだ。

「試合後に親友のバルザーリが『ジジ(ブッフォンの愛)、僕の20年のキャリアの中で、ムバッペのようにボールを持った状態であんなに速く走れる選手はほとんど見たことがない。彼を止めるのには相当手こずったよ』と言っていたよ。彼は冗談を言ったわけじゃない。だってバルザーリだよ?彼はトップクラスのディフェンダーだ」

 さらに続ける世界最高峰の守護神は「ムバッペには他の選手にはない何かがある。それは間違いない。このまま彼が謙虚に成長していってほしいと願っている。もし、うまく成長できれば、彼はサッカーの歴史に残る選手になるだろう」と称えた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング