昨年の経験も力に戦い抜いた山口県が愛知県に逆転勝ち!大阪府とのリベンジマッチへ!

ゲキサカ / 2019年9月29日 22時16分

前半1分、先制点を決めた山口県MF柳井敦志(山口U-18、右端)が歓喜のダッシュ。(写真協力=高校サッカー年鑑)

[9.29 国体少年男子1回戦 愛知県 2-3 山口県 北海浜多目的球技場]

 昨年の経験も力に、山口県が逆転で初戦突破! 29日、第74回国民体育大会 「いきいき茨城ゆめ国体」サッカー競技少年男子の部1回戦が行われ、愛知県と山口県が激突。山口県が3-2で逆転勝ちした。山口県は30日の2回戦で大阪府と戦う。

 試合は衝撃的な一撃でスコアが動いた。試合開始直後、山口県は左中間でこぼれ球に反応したMF柳井敦志主将(山口U-18、2年)が右足ミドル。これが素晴らしい弾道を描いてゴール左上に突き刺さった。

「最初だったし、GKも少し出ていたので、良い形で、シュートで終わろうと思って打とうと。狙っていたは狙っていたんですけれども、あんなに上手く入るとは思わなかったです」と柳井。主将のスーパーゴールで山口県がリードを奪った。

 愛知県は今年の日本クラブユース選手権(U-18)大会優勝チーム・名古屋U-18所属の9選手が先発。MF斉藤洋大(名古屋U-18、1年)やMF甲田英將(名古屋U-18、1年)が技術力の高さを示すなど、ボールを支配して山口県を押し込んだ。

 そして10分には、FW松本皐誠(名古屋U-18、2年)のスルーパスで抜け出したFW眞鍋隼虎(名古屋U-18、1年)が右足で同点ゴール。その1分後にも斉藤が絶妙な切り返しから出したスルーパスで眞鍋が再び抜け出し、逆転に成功する。

 愛知県は左サイドのFW山本隼大(名古屋高2年)が緩急を活かした突破などで存在感。16分にはそのドリブルシュートがクロスバーを叩いた。対して山口県は我慢の時間帯となっていたが、DF陣が3点目を阻止。そして、U-16日本代表のエースFW河野孝汰(山口U-18、1年)が個の力で相手ゴール前まで持ち込んで見せる。

 すると26分だ。山口県はインターセプトから、MF末永章太郎(高川学園高2年)がすかさずスルーパス。ボールはDFに当たりながらも河野まで届き、GKと1対1となった10番は鮮やかな右足ループシュートで山口県に歓喜をもたらした。

 追いつかれた愛知県は33分、斉藤の右足FKがゴールマウスをヒット。対する山口県は後半1分に左クロスから河野が決定的なヘディングシュートを放つが、わずかに枠を外れた。攻め合いの展開なった試合で、次の1点を奪ったのは山口県の方。河野を起点に左MF光永大晟(山口U-18、1年)やFW林陸也(山口U-18、1年)が絡む形で攻める山口は後半4分、再びスルーパスで抜け出した河野が相手を引きつけてから再び右足ループシュートを放つ。これがゴールネットに吸い込まれ、逆転に成功した。

 愛知県は後半7分、前日のプレミアリーグWESTで先発出場していたエース、U-16日本代表MF豊田晃大(名古屋U-18、1年)を投入する。余裕のあるボールキープからビルドアップのパスやラストパスを送る豊田を中心に愛知県は反撃。11分には豊田のパスを受けた山本が決定的な一撃を放つが、山口県はGK徳若碧都(高川学園高1年)のファインセーブで逃れる。

 山口県は25分にも右CKから連続で決定的なシュート。だが、山口県はゴール前で複数の選手が身体を投げ出してシュートを連続でブロックする。この日の山口県は、自陣ゴール前で各選手が最後まで諦めずに一歩を出すことを継続。CB田中誠太郎(高川学園高2年)は「自分たちは相手よりも上手くないから、そういうところで頑張って勝とうと話していました」と説明していたが、その姿勢が執念のシュートブロックと同点阻止に繋がった。

 山口県は3-2で迎えた後半アディショナルタイム、右SB吉田光(山口U-18、1年)がコンビネーションからポスト直撃の右足シュート。跳ね返りを繋ぎ、河野が決定機を迎えたが、愛知県もU-15日本代表GK宮本流維(名古屋U-18、1年)が執念のシュートストップで追加点を許さない。直後に愛知県はラストチャンスを作ったが、FW光本和馬(中京大中京高1年)のコースを突いた一撃を山口県GK徳若が再びビッグセーブ。1点リードを守った山口県が2年ぶりの1勝を果たした。

 山口県は昨年、初戦でV候補の大阪府から先制したものの、逆転負け。強豪相手に健闘するものの、そのスピードやテクニックを抑えきれずに負けてしまうケースが少なくない。だが、CB木村裕貴(山口U-18)、田中誠、末永、柳井と昨年の経験者4名を残す今年は、多くの時間帯でボールを握られても慌てず、ゴール前でも最後まで食らいついて強敵に勝利。松井大輔監督(西京高)も「(ボールを握られても)考えながら、声を掛けながらやっていました。(そして)最後の最後のところでみんなで身体を張ってやってくれました。選手たちが良く頑張ってくれました」と讃えていた。

 また、柳井は「去年も大阪とやって1点獲ってそこから逆転負けしている。そこから4人残っているので、(その経験で)また逆転できたのかなと思います」。昨年の経験者と河野ら力のある1年生を擁する今年の目標は上位進出だ。2回戦の対戦相手は昨年と同じ大阪府。田中誠は「去年と同じ2回戦なのでリベンジも兼ねて、またあしたに向けてモチベーションを高めて行きます。上に行ける力は今年、山口は持っていると思うので、まずリベンジしてどんどん上に勝っていきたいです」と誓った。大阪府は今年も有力なV候補だが、リベンジして自分たちが頂点に近づく。

(取材・文 吉田太郎)●第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング