1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

9-0圧勝の口火切る先制ヘッド弾! 青森山田DF山本虎「ここで負けたら“負けた代のキャプテン”に…」絶対王者の重圧乗り越え27連覇

ゲキサカ / 2023年11月6日 13時59分

ゴール後、DF小泉佳絃と抱き合うDF山本虎主将(3年)

[11.5 選手権青森県予選決勝 青森山田高 9-0 八戸学院野辺地西高 カクスタ]

 7年連続の同カード対決となった青森県決勝、ジャイアントキリングを狙う八戸学院野辺地西の希望を打ち破ったのは、絶対王者を率いるキャプテンの一撃だった。青森山田高DF山本虎主将(3年)は0-0で迎えた前半12分、MF杉本英誉からの右CKに反応すると、GKの股下を強烈に射抜くヘディングシュートで先制点。さらに8ゴールを重ねる圧巻のゴールラッシュの口火を切った。

 お家芸のセットプレーで奪った先制ゴール。「相手はマークがついてなくて、ゾーンの守備だったので良いボールが上がって来ればと。相手のGKも1年生で緊張しているだろうし、経験もないと思っていた」(山本)。杉本の左足キックの勢いと精度も見事だったが、山本は鍛え上げてきたフィジカルでも、冷静な駆け引きでも相手を上回った。

 CBからは相方のDF小泉佳絃も攻撃参加していた。本来のポジションでは山本がニア寄り、小泉がファー寄りに立つはずだったが、小泉から「一つ前に行かせて」というリクエストがあったため、立ち位置を変えた矢先のゴール。結果的には山本のもとにボールが巡ってきたが、相手の分析の裏を突く形となり、「正木さんからも自分と佳絃が2人でボールに合わせて入って、2人で決めろと言われている」(山本)というコンビの強みが実った先制点だった。

 県内では長年、絶対的な地位を築いてきた青森山田だが、近年躍進を続ける八学野辺地西に対し、19年には0-0からPK戦に持ち込まれると、一昨季は初めて先制点を奪われ、昨季も先制しながら延長戦にもつれ込むなど、その差は徐々に縮まりつつあるように思われていた。

 しかし、八学野辺地西が“打倒山田”の経験値を積んできているのと同様に、あるいはそれ以上に、絶対王者としても苦戦の経験は糧になっていた。

 0-0で試合を運びつつ、セットプレーから奪った先制点は一昨季の教訓を活かしたものだった。「一昨年みたいに先制されたら会場はあっちのムードだと思うので、とにかく失点しないのを心がけていた。絶対に前は決めてくれるとわかっていたので、後ろは絶対に失点しないようにと。そこで自分が先制点を決めて、チームの緊張が解けた」。頼れる主将がその姿勢を表現した。

 またそこからは先制しながら同点に追いつかれた昨季の反省も示した。「1点取ってももっともっと追加点を取ろうと話していた。去年の反省を活かして追加点を多く取れたことが良かった」。チームは2分後に追加点を奪うと、前半だけで7得点のゴールラッシュ。後半もしたたかに無失点を続け、2017年の11-0に続く大量得点での優勝を決めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください