1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

[選手権]國學院栃木が22年ぶり県決勝に進出!「栃木県の勢力図に風穴を」自慢のパスサッカーを貫き、26年ぶり全国出場目指す:栃木

ゲキサカ / 2023年11月7日 20時20分

國學院栃木がPK戦を制した

[11.5 選手権栃木県予選準決勝 國學院栃木2-2(PK5-3)佐野日大 栃木グ]

 第102回全国高校サッカー選手権の栃木県予選準決勝で、佐野日大高と対戦した國學院栃木高が2-2から突入したPK戦を5-3で制して決勝へと勝ち上がった。11日の決勝では矢板中央高と対戦する。

 昨年(0-1)、一昨年(1-2)と2年連続して敗れている佐野日大へのリベンジマッチ。この日も先制される試合になったが、中田勇樹監督は慌てることなく、磨いてきたパスサッカーを貫けば、結果がついてくると思っていたという。「PK戦も全然慌てなかった。データも入っていたし、外す感覚がなかった。この子たちは焦った時にミスが出るので。その点でも焦っていなかった」。戦うごとに逞しさを増すイレブンを見て、目を細めた。

 開始6分でスコアが動く試合になった。佐野日大は左サイドからDF飯田瑛也(3年)がロングスローを入れると、GK菊田謙心(3年)に防がれるが、こぼれ球をDF大垣拓海(1年)が頭でねじ込んで先制に成功する。その後も前半15分にFW山口大惺のクロスからMF青山航(3年)が放ったシュートはわずかに枠外に外れたが、リードを握ったまま前半を折り返すことに成功する。

 しかし國學院栃木もジリジリと巻き返しをみせる。特に左MFに関根輝大(3年)を投入してからは、攻撃面が活性化。ゴール前でのチャンスが生まれだす。すると後半14分、左サイドを関根が崩して中にパスを出すと、FW齋藤大翼(3年)の落としで裏に抜けたFW辻惟杜(3年)が左足で流し込む。さらに同21分にもMF河治大雅(3年)のシュートのこぼれ球に反応して相手DFの裏に抜けた辻が右足でニアサイドに蹴り込んで、一気に試合をひっくり返した。

 ただ前年王者の佐野日大も流石の強さをみせる。後半33分、FW高橋颯(2年)がドリブルで運んだボールを受けたMF坂本勇(2年)が左サイドから鋭いクロスを入れると、ニアでFW生島光貴(3年)が頭で合わせて同点に追いつく。80分の戦いを終え、10分ハーフの延長戦でも決着がつかなった試合は、PK戦で勝ち上がりを決めることになった。

 そしてPK戦。鍵を握ったのが「データ」だった。2戦連続の完封勝ちで勝ち上がっていた國學院栃木に対して、佐野日大は準々決勝の宇都宮短大附属高戦でPK戦を行った。少なくともその時に蹴った選手のデータがあったことが、國學院栃木のイレブンを安心させていた。そして守護神・菊田がいきなり1人目をストップ。流れを呼び込むと、キッカー全員が成功させて決勝進出を手繰り寄せた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください