1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

[MOM4531]神戸弘陵FW馬場悠平(3年)_努力を続け、「厄介な選手に成長してきた」エースが大一番で1G1A!!

ゲキサカ / 2023年11月13日 12時10分

1得点1アシストを記録した神戸弘陵高FW馬場悠平(3年=左)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.12 選手権兵庫県予選決勝 神戸弘陵高 3-1 神戸科技高 ノエビアスタジアム神戸]

 初戦となった2回戦、神戸高塚戦でのハットトリックで幕を開けた今大会。以降もゴールネットを揺らし続けたものの、準決勝の三田学園高戦では無得点。「決勝は決めたいと思っていた」。意気込み通り、全国大会出場がかかった大一番で1ゴール1アシストを記録したのが、神戸弘陵高のエースFW馬場悠平(3年)だ。

 この日は慣れない天然芝でのプレーだった。選手権予選に入ってからは、「選手権はテレビで見られるので目立とうと思って気負っていた」せいで、ボールロストが目立っていたこともあり、前半はまず前線できちんとボールを収めようと心がけたという。

「チームの流れを作って、最後に自分が仕留められたらと思っていた」。言葉通り、シンプルなプレーで味方の良さを引き出すのが前半のイメージだ。前半9分には左のスペースに流れて、自らのパスからMF佐波昂大(3年)の飛び出しを誘う。10分には自陣で味方が奪ったボールを収め、カウンターの起点として機能。前半のシュートこそ1本に終わったが、チームへの貢献は大きかった。

 馬場にとって最初の見せ場が訪れたのは1-0で迎えた後半16分。佐波がDFの裏に入れた浮き球を上手くコントロールして、そのままゴール前まで前進していく。PA内では並走したDFを上手くかわすと、そこからは落ち着いていた。「切り返した時に自分の左足シュートもあったのですが、中の方がフリーだと思ってパスを出した。佐波なら決めてくれるという信頼もありました」。そう振り返った通り、冷静に後方から走り込んだ佐波の得点を引き出した。

 続く19分には守備でも魅せる。PAの手前でボールを受けた相手DFに対し、プレスをかけにいくが、ここでの判断も冷静だった。「自分が突っ込んで奪いに行くと相手がかわしやすい。相手の前で一旦止まって判断を迷わせる」と上手く相手のミスを誘うと、奪ったボールを無人のゴールに流し込んだ。「自分らしい形で決められなかったので、自己採点は60点ぐらいです」と自身の出来に満足していないが、この日のヒーローであるのは間違いない。

 この一年での成長は著しい。「年中でサッカーを始めた頃からずっとFWをやっていて、足が速い方だったのでずっと裏抜けは意識してきました」。そう振り返る通り、50mを6秒代前半で走る俊足を生かした背後への抜け出しは見事で、いとも簡単にゴール前に入って行ける。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください