1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

第2次森保Jを進化させる“冨安基準”…「いい刺激になっている」谷口彰悟がミャンマー戦先発へ

ゲキサカ / 2023年11月14日 23時13分

DF谷口彰悟(アルラーヤン)

 直近6連勝と好調の続くカタールワールドカップ後の第2次森保ジャパンだが、特に9月シリーズのドイツ戦(○4-1)以降はDF冨安健洋(アーセナル)を中心としたハイラインでコンパクトな守備組織の構築が進み、チームのさらなるレベルアップを支えている。しかし、冨安の相方を務めてきたDF板倉滉(ボルシアMG)は現在、足首の負傷により戦線離脱中。しばらくの間は代役CBのパフォーマンスがチーム状態を左右することになりそうだ。

 そうした中、今月から開幕する北中米W杯2次予選で重要な役割を担うことになりそうなのがDF谷口彰悟(アルラーヤン)だ。今回の合宿では冨安が別メニューからの調整となっていることに加え、DF町田浩樹(ロイヤル・ユニオン・サンジロワーズ)、DF渡辺剛(ゲント)の2人は帰国便の都合で合流が遅延。CBを本職とする万全なコンディションの選手は谷口のみとなっているためだ。

 谷口はカタールW杯でもスペイン戦、クロアチア戦の先発に抜擢され、高いパフォーマンスを発揮しており、ここでの起用に不安はない。また高いカバーリング能力とビルドアップの安定感を誇る谷口にとって、冨安が中心となって進む守備組織の改革は前向きなものとなりそうだ。

 16日のミャンマー戦に向けて先発起用が濃厚な谷口は「とにかくいつチャンスが来てもいいようにというのは今回だけでなく、自チームでも代表の活動中も常にやってきている。今回もしっかり継続してやっていくつもり。CB陣にメンバーが変わったりしているけど、出る人がリーダーシップを取ってやっていかないといけないポジションなので、自信を持ってやっていきたい」と冷静に意気込みを述べつつ、守備組織の変化をポジティブに受け止めていた。

「間違いなくトミの基準、やっていることがチーム内でも共有されている。それができるようになりたいし、それができたほうがより高いレベルの相手と高いレベルの試合ができる。そういった意味でいい刺激になっているし、競争も含めていいパフォーマンスを発揮できたらと思う」

「どちらかというとタイプというか、やりたいことは理解できる。ラインを高くしてコンパクトにしてというのは日本代表が世界と戦っていく中で絶対に必要だと思うポイントだった。W杯優勝を目指しているので、それを叶えるためには絶対に必要なポイントだと思っていた。それはウェルカムだし、自分ももっと吸収していきたい」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください