1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

U-22日本代表がアルゼンチンを撃破! 一時逆転許すも…鈴木唯人2発で勝ち越し、合計5発で打ち合いを制す

ゲキサカ / 2023年11月18日 17時7分

MF鈴木唯人が2ゴール

[11.18 国際親善試合 U-22日本 5-2 U-22アルゼンチン アイスタ]

 U-22日本代表は18日にIAIスタジアム日本平で行われた国際親善試合でU-22アルゼンチン代表と対戦し、5-2で勝利。MF佐藤恵允(ブレーメン)が前半18分に先制も、その後は2失点で逆転を許す。しかし、MF鈴木唯人が後半21分、30分に2ゴールで同点。同36分にはMF松村優太(鹿島)、44分にはFW福田師王(ボルシアMG)が5点目を決めた。

 パリオリンピックを目指す大岩剛監督体制で初の国内試合を行った。4-3-3の布陣を敷き、GKは藤田和輝(栃木)、4バックは左からDFバングーナガンデ佳史扶(FC東京)、DF木村誠二(FC東京)、DF西尾隆矢(C大阪)、DF半田陸(G大阪)。アンカーはMF藤田譲瑠チマ(シントトロイデン)、左インサイドハーフはMF鈴木唯人(ブレンビー)、右インサイドハーフはMF松木玖生(FC東京)。前線3枚は左ウイングがMF佐藤恵允(ブレーメン)、右ウイングがMF三戸舜介(新潟)、センターFWが小田裕太郎(ハーツ)となった。

 ハイプレスを仕掛ける日本は、序盤からチャンスを作る。前半4分に半田のパスを受けた三戸がシュートを放つも、GKファブリシオ・イアコビチ(エストゥディアンテス)の正面。その後も主導権を握り、敵陣に迫る。

 すると、U-22日本代表が前半18分に先制に成功する。中盤の松木から縦パスを受けた佐藤が左サイドからカットイン。PA手前から右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

 しかし、アルゼンチンも力を発揮する。前半27分、佐藤のバックパスに対し、プレスを仕掛けてボールを奪い切る。日本の最終ラインを抜け出すと、最後はパブロ・ソラリ(リバープレート)がシュートを決め切り、1-1で同点に追いついた。

 追いつかれた日本だが、その後も攻勢は保つ。前半28分には松木と三戸がボールを奪い、鈴木がパス。最後は佐藤が左足ダイレクトで合わせるも、GKイアコビチの正面に収まる。31分には三戸がドリブル突破から左足シュートもGKに阻まれる。こぼれ球から佐藤が左サイドからクロスを上げ、ファーサイドで松木がボレーを放つも、相手のブロックに遭った。

 前半42分、日本にアクシデントが発生。佐藤が敵陣で相手選手と接触。左ひざを痛め、そのままMF松村優太(鹿島)と交代した。前半はそのまま1-1で後半に折り返した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください