1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

近江が北海を延長撃破。滋賀県3部から8年でプレミア王手

ゲキサカ / 2023年12月9日 17時44分

“夢見る新鋭”近江高がプレミアリーグ昇格へ王手

[12.8 高円宮杯プレミアリーグプレーオフ1回戦 北海高 1-2(延長)近江高 広島広域公園 第一球技場]

 高円宮杯 JFA U-18プレミアリーグ2023プレーオフの1回戦が8日、広島県内で開催され、来季プレミアリーグ参入の権利を懸けての戦いが幕を開けた。広島広域公園第一球技場の第2試合では、プリンスリーグ北海道1位の北海高とプリンスリーグ関西2位の近江高が対戦。全国高校サッカー選手権大会への出場も決めている両校の対戦は延長戦までもつれる激闘の末、2-1で近江に軍配が上がった。

 試合の先手を取ったのは北海道王者だった。プリンスリーグ北海道の得点王であるFW野村光希(3年)と同アシスト王のFW田中準人(3年)の北海道最強2トップを軸に攻め入ると、野村のドリブル突破がファウルを誘って、PKを獲得。これを野村が自ら流し込み、開始6分にして先制点を奪い取った。

 この北海の応援には、交流のある立正大淞南高の部員100名以上が大挙して駆け付けており、スタジアムの雰囲気を序盤に呑み込んでいた。近江・前田高孝監督は「前半、やはり僕らはまだまだ全国の常連校ではない部分が出てしまったというか、雰囲気の中で硬さが出てしまっていた」と振り返ったように、序盤は北海のゲームとなった。

 ただ、京都U-18、阪南大高、京都橘高、東海大仰星高、G大阪ユース、C大阪U-18といった列強がしのぎを削る激戦区の関西で2位になった近江も、このまま終わるチームではない。ハーフタイムに前田監督は選手たちに呼び掛けた。

「こういう舞台で負けてきたのが近江の歴史や。でも、今年のチームでそれを変えよう。やるだけやろ。もっと向かっていこうや!」

 やや萎縮の観られた選手たちの背中を押しつつ、戦術的にも修正。後半はダイナミックなワイド攻撃で守備を固めてきた北海を圧倒し、特にクロスボールから多くのチャンスを作り出す。17分にはMF浅井晴孔(3年)のクロスにFW山門立侑(3年)が頭で合わせて同点ゴールを奪い取ってスコアをイーブンに戻し、その後も攻勢を継続した。

 しかし、「みんな本当に決め切れなかった」と浅井が振り返ったように、最後まで体を張って守る北海DFの圧力もあり、フィニッシュがなかなか決まらない。26分には浅井のクロスからFW小山真尋(3年)のヘッド、31分には山門の鋭いクロスから浅井が狙うも、いずれも枠外とゴールを捉えきれなかった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください