GISELeヘアメイクが解説!ニットに「凝らずにこなれ感」をもたらすヘア

GISELe / 2021年1月1日 18時0分

ニットとヘアの関係性

シルエットも質感もさまざま。そんなニットの印象を操作するヘアは、自由度が高いぶん、奥が深い。明日からのヒントになるヘアメイクのコメントとともに、過去のスタイルをプレイバック。
※掲載している写真はすべてGISELeのバックナンバーのものです。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

001
ニットだから許されるあえてのあどけなさ
ニットの素朴さを利用して、ヘアにも少女っぽさを残したある意味「ひねらない」発想。アレンジのさじ加減やニットの抜け感を計算すれば、ただ幼いだけには終わらない。


「肌見せニットとガールなボブ」
「Vネックで強調される鎖骨の艶っぽさには、”キレイ”よりも”かわいい”ヘアがちょうどいい。パウダリーのヘアスプレーでボリュームを出したドライなクセ毛風ボブのセンターわけで、あえてレトロに仕上げたのがポイント。ざっくり開いたVネックニットでもいやみのないセンシュアルに落ち着きます」(岡田さん) 



「メンズライクをくずすために」
「セットアップとローファーを合わせたストレートにメンズライクなニットスタイルだったので、ヘアはわかりやすくかわいい三つ編みに。おくれ毛が出ないよう、ぎゅっとタイトに結び、かえってヘアに抜け感を出さないほうが、そのやぼったさがプラスに働いてこなれて見える。リップも強めの赤を選び、遊び心のある女性像を表現しました」(扇本さん)


002
ひとつ結びにもいろいろある
首まわりの重みを理由に、タートルネックを着る日はついひとつ結びに頼りがち。結ぶ高さや位置にこだわって、「とりあえず」じゃないニットに適したまとめ方を選択。


「流れを止めないゆれるポニー」
「ニットの質感を上質に見せるため、クリーム系のスタイリング剤にオイルをまぜて髪全体にツヤ感を出しました。高すぎず低すぎずの位置で髪を1つに結び、ニットにゆるやかに沿った、流れるようなポニーテールに」(スガさん)



「ハンサムを助長する高め位置」
「ニット×デニムは、そのままだとカジュアルな印象。ややアーバンな印象を与えつつ、タートルネックのクラシカルさを助長するためケイト・スペード的なイメージでハイポニーテールに。都会的で品があるけど、少しメンズな要素もあるバランスに仕上げました」(塩澤さん)



「ムードが漂う”ちょっと下”」
「ふつうに1つで結ぶと首まわりがさみしくなりそうなシンプルニット。わざと重心を落としてボリュームを出し、後ろ姿にレディなニュアンスを」(扇本さん)


003
ニットにならってカジュアルでいい
ときにはニットのテンションに合わせて、無造作感を楽しむのも手。とはいえ、意識すると難しい自然体。手抜きには陥らない計算された抜け感を検証。


「2枚重ねたぶん”上”は軽く」
「ニットのレイヤードを主役にしたかったので、首まわりのヘアはスッキリと。黒とグレーのごくベーシックな配色を地味に見せないように、カジュアルなアップと赤いリップをかけ合わせたポジティブなバランスを意識しました」(小澤さん)



「海外SNAP風ハーフトップノット」
「コンサバにならないよう、メンズっぽいカジュアルにくずせるアップスタイルに。通常はゴールデンポイントに向かって毛流れを整えますが、このときはほぼ真上に直線上に毛流れを持っていくことでマニッシュさを表現したのがポイントです」(塩澤さん)



「ニットもヘアもざっくり」
「エフォートレスなALL白のニットルックには、清潔感と抜け感が大切。手入れの行き届いたヘアをスッキリまとめるだけで、スタイルが生まれます」(岡田さん)


004
すっきり、同時に気だるく
女っぽさがほしいとき、単純にアップにするだけでは芸がない。おくれ毛や少しの乱れを駆使して、「キレイ」以上にムードも含んだセンシュアルさをねらって。


「おくれ毛がアクセサリー」
「テーマは”計算してないようで計算している”。ボリュームのあるタートルネックにはただのコンパクトなヘアではなく、ランダムにおくれ毛を残した、アンニュイなヘアが心地いい」(岡田さん)



「うなじが主役のあざとさ」
「バックオープンニットは、ヘアをおろして遠慮がちにまとうのはもったいない。大胆に背中とうなじを見せ、かえって”強さ”を表現したかったのでおだんごに。オイルやワックスを生えぎわまでしっかりなでつけ、タイトにまとめると隙がありつつも知的な印象に」(小澤さん)



「毛先の流れで惑わせる」
「ふつうのVネックと違ってボタンが”途中”のデザインが特徴的だったので、ヘアも完璧を求めすぎないニュアンスに。鋭いネックラインをゆるめるように、毛先には動きを足す感覚で」(木部さん)


005
ときには重いほうがいい
ニットの厚みに乗じて少しボリューミィなヘアアレンジが、装いを盛り上げるきっかけになることも。ヘアアクセや毛流れのニュアンスで印象操作。


「重心を下げてスカーフを飾る」
「太めのタートルの場合、ヘアをタイトにするとアンバランス。正面はおくれ毛でゆるさを、サイドはニットに沿うまとめ髪で重心を下げました。結ぶときに整えすぎないのが重要」(長澤さん)



「肉厚な赤ニットと重めボブ」
「白ソックスにローファーを合わせる女性が赤ニットを着るなら?をイメージし、少し少女感を残そうと思いました。ドライなヘアであえて整えていないボリューム感を。ジョンマスターオーガニックのS&L シーミストスプレー Nは、ボリュームとマット感が自然に出るのでオススメ」(塩澤さん)



「”洗練”だけが正しいとは限らない」
「ケーブルニットと眼鏡のやぼったいかわいさを引き出すのに、そのまま前髪を下ろすとやや退屈。サイドにクセをつければ、丸眼鏡に似合うねらいどおりのやぼったさに」(塩澤さん)


006
いつものニットにテーマを与える
ステディなニットにあと一歩の新しさを加えるなら?ヘアアクセの力を借りたりアレンジよりもテクスチャーに力を入れたり。「こうなりたい」をヘアスタイルに託す気分で。


「モードに寄せるスリークヘア」
「グレーのワントーンによる、ニットなのにシャープなスタイリングによせて、ヘアスタイルもモダンで凜とした女性をイメージ。タイトなセンターパートにすれば、ピアスも映えるバランスに」(吉田さん)



「白を理由に自由なマインド」
「ヘアメイクによってどうにでも印象を操れる白ニット。BIGタートルの存在感に負けないように、ヘアピンをランダムに飾ったインパクト重視のアレンジ」(木部さん)



「レディな黒でクラシック」
「黒タートルと黒カチューシャのクラシックな雰囲気に合わせて、レディなフレンチガール風に。首までおおわれた黒によって重くならないよう、ムースでドライな質感と束感をキープ。軽やかにゆれも抜け感の要素になるように、高めの位置のラフなポニーテールに仕上げました」(スガさん)


HAIR & MAKE-UP MEMBERS
Nobuyuki Shiozawa(mods hair)
Mai Ozawa(mods hair)
Tomoko Okada(TRON)
Akemi Kibe(PEACE MONKEY)
Naoyuki Ohgimoto
Takuma Suga
Aoi Nagasawa
Taro Yoshida

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング