【タイ】タイのケンタッキーフライドチキンはご飯メニューがある

Global News Asia / 2015年6月12日 11時0分

レギュラーメニューの「カーオ・ヤム・ガイ・シード」。酸っぱい味つけだが、タイ人にとっては「とてもおいしい」という。(高田胤臣 撮影)

 2015年6月12日、世界的に人気のファストフード店『ケンタッキーフライドチキン(KFC)』のタイのメニューを紹介する。日本の「和風チキンカツサンド」の様に各国のオリジナルメニューがあるが、タイでは白米に鶏肉を使った料理をそえるメニューがある。

 キャンペーン商品が登場する時期もあるが、現在、KFCタイでレギュラーメニュー化されているライス商品は4種類で、ヤム系の料理が中心になっている。ヤムはタイ料理のサラダの一種で、ナンプラー(魚醤)やライム、生野菜などと肉を和えるもので、やや酸っぱくて辛いという味の特徴がある。

 タイでは物価の感覚からか、ファストフードも立派なランチやディナーとして見られていたこともあり、今でも家族で食事に来るタイ人は少なくない。

 KFCではこの数年でだいぶ少なくなったが、以前は店内で食事をする場合、人数分の陶器製の皿とステンレスのフォークとナイフが渡された。フライドチキンを手づかみで食べる習慣もなかった。昨今は日本や欧米のようにファストフードとして若者に定着したこともあり、そのあたりはだいぶ簡素化、欧米化されている。

 タイのKFCは1984年に初めてバンコクに登場し、現在はタイ全土で400店舗以上を展開している。マネージメントは『ピザハット』なども展開する「YUM Restaurants International ( Thailand) Co.,Ltd.」と日本の『天丼てんや』などとフランチャイズ契約を結んでいる「Central Restaurants Group Co.,Ltd.」が行っている。

【執筆 : 高田胤臣】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング