セブから成田に帰国! 「PCR検査結果・2時間以上待ち」入国審査の前で待機

Global News Asia / 2020年8月1日 16時30分

(写真提供・マリバゴカメ)唾液検査の結果を待つ人々 2020年8月1日午後撮影

 2020年8月1日、セブ・マクタン空港発、成田行きの直行便・フィリピン航空PR434便は13時30分に成田に到着した。

 新型コロナ感染確認者が急増している成田空港検疫所は、唾液PCR検査の結果が出るまで、入国審査前の場所で留め置く方式をとっている。

 検査結果が出るまでの時間は、30分から2時間と案内されていたが、今日PR434便で成田に到着した搭乗客には、2時間以上経過したが、まだ結果を知らされていない。

 帰国した元ビジネスマンのMKさん(59)は「普通なら飛行機を降りたら20~30分程度で入国できますが、コロナ渦では3時間待ちの覚悟は必要かもしれません。フィリピン・セブでの出国はスムーズしたが、日本の空港での足止めはしかたがないですね」と疲れ気味に話した。
【編集 : Eula Casinillo】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング